タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

ノックスクート、タイ民間航空局よりICAO国際安全基準を再認定

2017年6月19日 配信

ノックスクート(日本支社長:坪川成樹 日本支社:東京都港区)は、ICAO(国際民間航空機関)の国際安全基準に再認定されました。9か月に及ぶ監査の後、タイの航空会社37社のうち4番目に認定を受けました。

タイ運輸省Arkhom Termpittayapaisith大臣主催の式典が、2017年6月12日にタイ・バンコクで開催されました。この式典にてタイ民間航空局(Civil Aviation Authority of Thailand)のChula Sukmanop局長より、ノックスクートのAOC(Air Operator’s Certificate)の再認定が発表されました。

ノックスクートのCEOピヤ・ヨドマニは次のように述べています。「我々は常に安全を最優先としております。タイ民間航空局に全面協力し、9か月間ICAOの国際安全基準の監査を受けました。LCCとしてタイの航空会社の安全基準を向上させ、また、タイの航空業界のイメージの回復に努めてきました。今後とも低価格で良いサービスを提供してまいります。」

また、日本支社長坪川成樹は次のように述べています。「ICAOにより規制解除されることで、ノックスクートの日本への定期便運航が可能となります。これにより日本からタイへの旅行を楽しみにされているお客様に、低価格で多くの選択肢をご提供できるようになります。日本への定期便運航実現のため、ノックスクートはICAOからの規制が今後解除されることを期待します。」

現在、タイ民間航空局はタイの国際線の約77%を占める5つの航空会社にAOCの再認定をしました。2017年6月末までに、タイ民間航空局はICAOに対しICVM(ICAO Coordinated Validation Mission)を正式に要請する見込みです。

 

ノックスクートについて
ノックスクートは、シンガポールのLCCスクートと、タイのLCCノックエアーの合弁航空会社として2014年設立しました。ノックスクートは、ボーイング777-200 機材を使用し、中長距離の国際線を運航しております。現在、バンコク・ドンムアン国際空港より中国/南京、青島、天津、瀋陽、大連、台湾/台北に就航しております。ノックスクートは魅力的な価格に加えて、安全、信頼、そしてスクーティテュード(Scoot+Attitude/スクートらしさ)にて快適なフライトをご提供いたします。

詳細は、ウエブサイト:NokScoot.com、Facebook.com/NokScootをご覧ください。

新着記事

ラマ9世交差点のGタワー内「ラーメンハブ」は朝7時半オープン
摘発!中華街化の進むホワイクワンのプラチャーラートバンペン通りに警察官大集合!
池袋・サンシャインシティ = ラップラオ・ユニオンモールという”いとたく独自論”
成田空港第2ターミナルに到着時免税店が2017年9月1日(金)オープン
さっちゃん BNK48(Satchan BNK48)
タイ映画「サンティとウィーナー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映