THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

スクートとタイガーエアが合併しスクートブランドに統合

2017年6月15日 配信

スクートとタイガーエアが合併しスクートブランドに統合

格安航空会社(LCC)のスクートは2017年7月25日、タイガーエアと合併し、スクートブランドに統合します。

現在のスクート及びタイガーエアのフライトネットワークは7月25日以降全てスクートとしての運航となり、ウェブサイト、空港チェックインカウンターがスクートに統一されます。この合併により、スクートは現在のボーイング787ドリームライナーに加え、今後はエアバスA320シリーズも保有します。スクートの2レターコードは現在のTZからTRに変更。フライトスケジュールについては現状通りです。また今後、タイガーエアのウェブサイトはスクートのウェブサイトwww.flyscoot.comに、コールセンターはスクート(03-4589-9464)でのサービスに統一されます。この合併によりキャビンクルー(スクーティー)のユニフォームも新しくなります。

スクート日本・韓国支社長の坪川成樹氏は「これまでのタイガーエアのネットワークが、7月25日以降はスクート便になることでより快適な乗継ぎも可能となり、日本のお客様へ利便性の高いサービス提供が出来る事を嬉しく思います。また訪日ビザの緩和を受け、東南アジア地域から日本への旅行者が増加しており、今回のスクート、タイガーエアの合併により、東南アジアと日本における国際交流の更なる促進と、物流の拡大に向け取組んで参ります。」と述べました。

なお、今後もスクートの日本発着便はボーイング787ドリームライナーでの運行とのこと。

スクート
www.flyscoot.com/

新着記事

ミュージック BNK48(Music BNK48)
タイのセブンイレブン全店でVISAカードの利用が可能に
タイのグリコ「プジョイ」、さくら風味が限定発売
BNK48メンバー6人が「FUJIFILM X-A5」のブランドアンバサダーに就任、CM出演も
タイ国日本人会が過去最大となる800万バーツ相当の献血車をタイ赤十字社へ納車
全身に「ドラゴンボール」のタトゥーを入れた男がタイにいた!