タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

「私たち少しタイ語を話します」キャンペーンで日本とタイの輪を広げよう!

2017年4月4日 配信
「私たち少しタイ語を話します」キャンペーンで日本とタイの輪を広げよう!

ステッカーのイメージキャラクターの名前は「市川さん」

2017年は日・タイ修好130周年という記念すべき年。日本とタイの両国では数々の記念事業が行われ、ますますタイと日本との関係が深まっていく中、日本では、ある一つのキャンペーンがスタートしました。それが「私たちすこしタイ語話します」キャンペーンです。

「私たちすこしタイ語話します」キャンペーンは、レストランや商店などの店頭に「私たちすこしタイ語話します」のステッカーを貼り、訪日タイ人旅行者ウェルカムなお店であることを示すものです。ステッカーを貼ることで、訪日タイ人旅行者だけでなく、日本で生活するタイ人の皆さんやタイ人留学生の皆さんにも気軽に訪れるお店であることをアピール。さらにカワイイキャラクターのステッカーと一緒に写真を撮ってもらいSNS等で拡散してもらうことで、お店のPR活動にも利用ができるのです。

 

「私たちすこしタイ語話します」を推進するJAY|Japan Ability Yield社の関恭子代表より

「ビジットジャパンキャンペーン」の重要都市の一つとして挙げられているタイ。今タイでは空前の日本ブームが起きており、2016年の訪日タイ人旅行者数は90万人を超え、成長市場の一つと言っても過言ではありません。
私たちが海外に行った際、少しでも日本語を話せる方と会うとホッとすることがありますよね。そういった視点から、訪日タイ人旅行者の方にも安心して立ち寄れるお店を1つでも多く増やし、知ってもらいたいと思っています。本当の観光立国日本を確立する上で、お互いが気持ちよく共存できる環境整備のお手伝いをすることをミッションに掲げ、「私たち少しタイ語を話します」キャンペーンを始動しました。
タイ語であいさつや簡単な自己紹介ができればOK!!ぜひ一緒に「輪(和)」を広げていきましょう。
-----------

というように、「私たちすこしタイ語話します」キャンペーンに参加するには、「サワディーカー」などの挨拶や簡単に自己紹介ができればOKだそうです。沢山のタイ人の皆さんに来店してもらいたい!タイ人の皆さんと仲良くしたい!というお店の方は、JAY Japan Ability Yield社までご連絡を。

JAY Japan Ability Yield
[ウェブ]
http://jayscompany.net/
https://www.facebook.com/jayscompany.net/
[メール]
info@jayscompany.net

新着記事

バンコクで木村祐一が考案した「太焼きそば」を食べに行った衝撃の結末
タイ映画「4月の終わりに霧雨が降る」が第30回東京国際映画祭で上映
タイ映画「現れた男」が第30回東京国際映画祭で上映
プミポン前国王の火葬日のため10月26日(木)は休日、旅行者は節度の有る服装と行動を
タイでバイきんぐ西村が過酷なインスタ旅「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」
2017年のキンジェー(菜食期間)は10月20日から28日まで