タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

2016年 今年の一皿は「パクチー料理」に決定!ぐるなび

2016年12月6日 配信
パクチーをメイン食材として楽しむ「パクチーサラダ」

パクチーをメイン食材として楽しむ「パクチーサラダ」

ぐるなび総研は、2016年「今年の一皿」に「パクチー料理」を選定しました。

——————————————————————————————-
「今年の一皿」は、その年に話題になったことに加え、社会の動きと関係が深く、世相を反映し、さらに食文化の記録として後世に受け継ぐ価値があることを基準に選定します。日本の食文化を人々の共通の遺産として保存するために2014年に開始し、今回で3回目となります。2016年 「今年の一皿」は飲食店情報サイト「ぐるなび」にアクセスした月間5,700万人のユニークユーザーが検索したビックデータと1,448万人のぐるなび会員を対象としたアンケート結果から、今年話題となったキーワードを複数抽出。それをメディア関係者審査を経て、15のノミネートワードを選定。この中から「パクチー料理」が2016年「今年の一皿」として選定され、ぐるなび総研の承認を経て決定しました。

パクチーとは、セリ科コエンドロ属に分類される野菜の一種で、特有の味と強い香りが特徴です。英語ではコリアンダー、中国語では香菜(シャンツァイ)などさまざまな名称で呼ばれ、タイ、ベトナム、中国のほか、ポルトガル、メキシコ、インドなど各国の料理で広く使用されています。また、静岡県、岡山県をはじめとする国内でも各地で生産されています。

【選定理由】
•かつてはエスニック料理における「薬味」としての存在であったが、業態を越えて近年「主役」に転じた。山盛りのパクチーサラダを始め、鍋、カクテル、スイーツ等、バリエーションも豊かになり、飲食店が相次いでメニューに導入した。
•香りや味わいに魅了される消費者が激増し、愛好家を「パクチスト」と呼ぶ造語も生まれた。
•比較的栽培しやすいことから国内の生産者が増え、多くの量販店で購入できるようになった。大手メーカーによる調味料、レトルト食品やスナック菓子等の商品化も進み、一般家庭にも広く浸透した。
•健康や美容に良いものを摂取したいという消費者ニーズが増える中、高い栄養価にも関心が集まった。
•今後もパクチーを始めとするさまざまな野菜が、これまで以上に日々の食事の中心的な存在として取り入れられていくことが期待できる。

【2016年「今年の一皿®」開催概要】
主催:株式会社ぐるなび総研
共催:株式会社ぐるなび
後援:農林水産省、国土交通省観光庁

 

▼関連記事
もっとパクチーを好きになって欲しい…MV「パクチー・ヘブン」が公開
パクチー風呂にタイ式ヨガ教室も!温泉テーマパークで「アジアンフェス in 浦安万華郷」
タイ旅行でパクチー料理をモリモリ食べたいです!

新着記事

エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ
沖縄=バンコクが片道5,390円!LCCピーチが2017年10月20日0時より48時間限定セール実施
喫煙所はガラス張り!タイのビーチ禁煙化で設置開始
ブンシリさんと行く「山梨日帰りバスツアー」開催!日本人もタイ人も一緒に楽しもう!
日本で退去強制手続を執られたタイ人の数は? 2017年上半期