タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイ好きに絶対オススメの作品も上映!「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016 アンコール!」

2016年11月16日 配信

「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016 アンコール!」

2016年は日本でタイ映画界の鬼才・アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品が立て続けに公開され、監督関連のイベントが数々開催されるなど、正にアピチャッポン・イヤーとなりました。この度、この1月に開催され満席続出の大ヒットとなった「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016」が、「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016 アンコール」として2016年12月17日より2017年1月13日まで東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催になります。

 

<2016アピチャッポン・イヤー>のラストを飾る特集上映はさらに多面的に。

『ブンミおじさんの森』で2010年カンヌ国際映画祭・パルムドール(最高賞)に輝いたタイの天才監督にして美術作家でもあるアピチャッポン・ウィーラセタクン。今年は1月に幻の傑作『世紀の光』初公開と特集上映<アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016>が開催され、3月には最新作『光りの墓』の公開、また、各地での展覧会やワークショップや「さいたまトリエンナーレ2016」への参加、きたる12月13日からは東京都写真美術館での個展スタートと、映画に美術にまさに<アピチャッポン・イヤー>。そしてそのラストを飾るのが本特集上映<アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016アンコール!>です。

今回は、今年日本でも話題を呼んだ最新作『光りの墓』はじめ全劇場長編作とともに、単独監督作とはまったく違う異色の共同監督作であるモンド西部劇ミュージカルコメディ『アイアン・プッシーの大冒険』(03)や、アピチャッポン監督作ではないですが、監督の故郷タイ東北部イサーン地方を描いたタイ映画史上の名作『トーンパーン』『東北タイの子』も上映。

 

アピチャッポン監督も来場。何回見ても発見がある作品群をぜひスクリーンで。

また、開催期間中には監督本人が来場し、舞台挨拶やQ&Aも予定。上映作品を網羅したパンフレットも販売される。映画館の闇は、アピチャッポンが繰り返し描くタイ東北部イサーン地方の森へとつながるタイムマシーン。闇の中に身を沈め、ふと目を覚ませばアピチャッポンと森を彷徨っている–そんなスリリングな体験を映画館でぜひ!

12/13からは写真美術館の個展。12/17からは本特集上映。美術を見てから映画を見るか、映画を見てから美術を見るか。<2016年アピチャッポン・イヤー>のラストにふさわしくたっぷりとお楽しみください。

<タイ好きの皆さんへのおすすめポイント>

関連作として上映する『トーンパーン』と『東北タイの子』はアピチャッポン監督の故郷タイ東北部イサーン地方を描いたタイ映画史上の名作。日本での上映は今後もほぼないので、必見です。アピチャッポンに興味がない人にもタイを知る必見作として、またこの2作を見るとアピチャッポン映画の理解も変わるのでファンの方にもおすすめです。

 

アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016 アンコール!

[日程]
2016年12月17日(土)~2017年1月13日(金)<4週間>
[会場]
シアター・イメージフォーラム (東京都渋谷区渋谷2-10-2)
[上映作品]
『真昼の不思議な物体』『ブリスフリー・ユアーズ』『アイアン・プッシーの大冒険』『トロピカル・マラディ』『世紀の光』『ブンミおじさんの森』『光りの墓』以上アピチャッポン監督作関連上映『トーンパーン』(ユッタナー・ムクダーサニットほか監督)、『東北タイの子』(ウィチット・クナーウット監督)全9作(アピチャッポン作7本+関連上映2本)
[タイムテーブル]
公式サイトに掲載 http://www.moviola.jp/api2016/woods
[監督トーク]
12月19日(月)15:30の回『光りの墓』上映後&18:30の回『世紀の光』上映前
*トークの日時はやむを得ぬ事情により変更となる場合があります。
[ウェブ]
http://www.moviola.jp/api2016/woods

▼上映作品解説

①『真昼の不思議な物体』 Mysterious Object at Noon

2000年|タイ|83分|モノクロ|35mm
山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション 最優秀&NETPAC特別賞受賞/全州国際映画祭グランプリ受賞

『真昼の不思議な物体』 Mysterious Object at Noon

©Kick the Machine Films 提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭

タイ東北部の村で行商人の女性が、撮影クルーに促され、一つの架空の物語を語り始める。その続きを象使いの少年たち、伝統演劇の劇団員たちなど、様々な人々がリレー形式で即興的に語り継ぎ、物語は二転、三転しながら思わぬ方向に進んでいく・…。驚くほどの自由なイマジネーションと同時に緻密に考えられた構成で、世界を仰天させた記念すべき長編初監督作品。
提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭 協力:一般社団法人コミュニティシネマセンター

 

②『ブリスフリー・ユアーズ』 Blissfully Yours

2002年|タイ|125分|カラー|35mm
カンヌ国際映画祭ある視点賞/東京フィルメックス映画祭最優秀作品賞/テサロニキ映画祭グランプリ/ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭監督賞&国際批評家連盟賞ほか

『ブリスフリー・ユアーズ』 Blissfully Yours

©Kick the Machine Films 提供:Kick the Machine Films

ミャンマーからやって来た不法労働者のミン、そのガールフレンドの若い女性ルン、ミンを何かと気づかう中年女性オーン。ミンとルンとは森の中をさまよいながらひと時を一緒に過ごす、偶然同じ時に不倫相手と森に入ったオーンは姿を消した相手の男を探すうちにミンとルンと遭遇する…。ジャン・ルノワール監督の不朽の名作『ピクニック』にもたとえられた至福の映画。
提供:Kick the Machine Films 協力:一般社団法人コミュニティシネマセンター

 

③ 『アイアン・プッシーの大冒険』The Adventure of Iron Pussy

2003年|タイ|90分|カラー|デジタル
監督:マイケル・シャオワナーサイ、アピチャッポン・ウィーラセタクン

『アイアン・プッシーの大冒険』The Adventure of Iron Pussy

©Kick the Machine Films 提供:GMM GRAMMY Public Company Limited

フィラデルフィア生まれのタイ人現代美術アーティスト、マイケル・シャオワナーサイとの共同監督作。シャオワナーサイ扮する女装のスパイ“アイアン・プッシー”は、怪しい富豪の屋敷にメイドとして潜入。大騒動をまきおこす。他のアピチャッポン作とは全く違う、ツッコミどころ満載の“モンド西部劇ミュージカルコメディ”。自身は、ビデオアート・プロジェクトの一つと位置づけ、要所要所のショットにアピチャッポンらしさを発見するのも楽しい。
提供:GMM GRAMMY Public Company Limited 協力:boid

 

④『トロピカル・マラディ』 Tropical Malady

2004年|タイ、フランス、イタリア、ドイツ|118分|カラー|35mm
カンヌ国際映画祭審査員賞/東京フィルメックス映画祭最優秀作品賞/サンパウロ国際映画祭批評家賞/カイエ・デュ・シネマ2004年ベスト1ほか

『トロピカル・マラディ』 Tropical Malady

©Kick the Machine Films 提供:Tamasa Distribution

愛し合う二人の青年の日常がみずみずしく描かれる前半から、一転、不穏な空気に包まれる後半。冒頭には日本の作家、中島敦の「山月記」の一節が引用され、アピチャッポン作品を貫く重要な要素の一つである“変容”が最も顕著に表現されている。観客に森の中に迷い込んだかのような感覚を与える撮影と音響は圧巻。カイエ誌ベスト1にも輝いた傑作。
提供:Tamasa Distribution 協力:一般社団法人コミュニティシネマセンター

 

⑤『世紀の光』 Syndromes and a Century

2006年|タイ、フランス、オーストリア|105分|カラー|DCP
ヴェネチア国際映画祭公式出品/ドーヴィル・アジア映画祭グランプリ/フリブール国際映画祭スペシャル・メンションほか

『世紀の光』 Syndromes and a Century

©Kick the Machine Films 提供・配給:ムヴィオラ

今年日本で初公開された、ファンの間で特に人気が高い作品。映画は2つのパートに分かれ、前半は地方の緑豊かな病院、後半は近代的な白い病院が舞台となる。登場人物の多くも重なり、医師の恋の芽生えなどのエピソードは2つのパートで反復され、夢見ているような奇妙な感覚に誘われる。撮影中に多くのスタッフが恋に落ちたというエピソードを持つ、“微笑み”と“驚き”の傑作。
提供・配給:ムヴィオラ

 

⑥『ブンミおじさんの森』 Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives

2010年|イギリス、タイ、ドイツ、フランス、スペイン|114分|カラー|35mm
カンヌ国際映画祭パルムドール/アジア・フィルム・アワード最優秀作品賞/カイエ・デュ・シネマ2010年ベスト1ほか

『ブンミおじさんの森』 Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives

©Kick the Machine Films 提供:シネマライズ 配給:ムヴィオラ

腎臓の病に冒され、死を間近にしたブンミは、妻の妹ジェンをタイ東北部の自分の農園に呼び寄せる。そこに19年前に亡くなった妻が現れ、数年前に行方不明になった息子も姿を変えて現れる。やがて、ブンミは愛するものたちとともに森に入っていく…。美しく斬新なイマジネーションで世界に驚きを与えた、カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞作。
提供:シネマライズ 配給:ムヴィオラ

 

⑦『光りの墓』 Cemetery of Splendour

2015年|タイ、イギリス、フランス、ドイツ、マレーシア|122分|カラー|DCP
カンヌ国際映画祭<ある視点>部門出品/アジア太平洋映画賞最優秀作品賞/国際シネフィル協会賞最優秀未公開映画賞ほか

『光りの墓』 Cemetery of Splendour

© Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015) 提供・配給:ムヴィオラ

タイ東北部。かつて学校だった仮設病院。原因不明の“眠り病”にかかった兵士たち。ある日、病院を訪れたジェンは、前世や過去の記憶を見る力を持った若い女性と知り合い、その病院の場所が、はるか昔に王の墓であったと知り、兵士たちの眠り病に関係があると気づく。映画作家としてのさらなる進化を感じさせ、またタイの政治状況に対する想いも込められた傑作。
提供・配給:ムヴィオラ

 

[関連上映]

⑧トーンパーン Tongpan

1976年|タイ|63分|モノクロ|デジタル
監督:スラチャイ・ジャンティマートン、パイジョン・ライサグン、ユッタナー・ムクダーサニット

トーンパーン Tongpan

© The Isan Film Group 提供:Multimedia Thailand

75年に実際にあったダム建設問題をドラマ化したドキュ・ドラマ的な白黒16mm作品。ダム建設で土地を失った農夫のトーンパーンは妻と2人の息子を抱え、ムエタイの試合に出たり、サムロー(人力三輪車)の運転手をして何とか暮らしていたが…。民主化運動が高まった当時、共産主義者が逃げ込んだイサーンが舞台なので、政府により上映が禁止になったという問題作だが、イサーン農民の貧しさ、町の風俗などのリアルで詩情ある描写は必見。後年、『メナムの残照』などを残した巨匠ユッタナー・ムクダーサニットの貴重な初期作でもある。
※現存するマスター起因により上映素材の映像・音声の状態が悪くお見苦しいことを、予めご了承ください。
提供:Multimedia Thailand 協力:boid

 

⑨東北タイの子 A Son of the Northeast

1982年|タイ|130分|デジタル
監督:ウィチット・クナーウット 原作:カムプーン・ブンタウィー

東北タイの子 A Son of the Northeast

© Five Star Production Co., Ltd. 提供:Five Star Production

東北タイに生まれ、行商人、日雇い労働、刑務所の獄吏など様々な職を経て作家となり、晩年は国民的作家となったカムプーン・ブンタウィーの同名小説の映画化。当時タイで大ヒットし、映画賞も独占した。干上がった地で貧しく暮らすイサーン農民が、遠く離れた川まで魚を獲りに牛車のキャラバンで旅に出る姿を描く。見所は何と言ってもイサーンの知られざる生活風景、日本の伝承話にも通じる大らかな性の描写も素晴らしい。83年にマニラ映画祭で審査員だった大島渚が絶賛したのも納得の傑作。
提供:Five Star Production 協力:boid

アピチャッポン・ウィーラセタクン

アピチャッポン・ウィーラセタクン

「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016 アンコール!」

[関連記事]
タイ映画「光りの墓」が2016年3月26日公開、アピチャッポン監督のSkypeトークも決定!
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品「世紀の光」予告編解禁

新着記事

キッドキャット BNK48(Kidcat BNK48)
インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映