タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイ国民30万人が参加した「国王賛歌」の映像作品が完成

2016年11月14日 配信

タイ国民30万人が参加した「国王賛歌」の映像作品が完成

タイの映画館では、本編上映前にプミポン国王陛下を称える「国王賛歌」の美しい映像が流れます。その際は全員が起立し、直立不動でその曲に耳を傾けます。

2016年10月13日にプミポン国王陛下が88歳で崩御されたことを受け、王族でありタイを代表する映画監督でもあるチャートリーチャルーム・ユコン氏の呼びかけにより、新たな「国王賛歌」の映像作品が製作されることになりました。

政府は国民にこの作品への賛歌を呼びかけると、撮影の日の10月23日には、会場となる首都バンコクの王宮前広場に30万人もの人々が集結し、「国王賛歌」を斉唱したのです。

そして11月14日、新たな「国王賛歌」の映像作品が公開されました。

[関連記事]
タイの映画館で上映前に流れる国王賛歌の意味を教えて下さい|解決タイランド

新着記事

キッドキャット BNK48(Kidcat BNK48)
インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映