タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

佐藤養助商店の稲庭うどんがタイ・バンコクへ!「稲庭」がトンローで開店

2016年9月11日 配信

佐藤養助商店の稲庭うどんがバンコクへ!「稲庭」がトンローで開店

万延元年(1860年)に秋田県で創業した稲庭うどんの老舗・佐藤養助商店による「稲庭」が、バンコク・トンロー地区で2016年9月10日にオープンしました。

同日に関係者を集めて行われたレセプションでは、鏡開きで佐藤養助商店のタイ進出を祝福し、招待客に稲庭うどんを始め、天麩羅や刺し身、酒などが振る舞われました。

「稲庭」の営業時間は毎日午前11時半から午後2時までと、午後6時から午後11時まで。メニューはせいろをはじめ、天麩羅、刺し身、サラダ、酒肴の他、タイ料理のトムヤムクンスープやグリーンカレーのうどんも提供されています

 

七代佐藤養助 稲庭干饂飩

■「稲庭うどん」の歴史

「稲庭うどんは」手作りの乾麺です。
江戸時代秋田県南、湯沢市稲庭町で保存食品として塩水と小麦粉を練って、手綯いの技法でうどんを作ったのが始まりとされ、上納品とされた後、贈答品や土産品として親しまれています。
宗家は稲庭(佐藤)吉左エ門でその技法は一子相伝、門外不出。今日まで三百有余年宗家と佐藤養助家で守り継がれています。

佐藤養助商店の稲庭うどんがバンコクへ!「稲庭」がトンローで開店

稲庭

[営業時間]
11:30 – 14:00 18:00 – 23:00
[住所]
3F 88,Soi Sukhumvit 53(Paidee-Madee) Sukhumvit Rd., バンコク 10110
「主要メニュー」
▼せいろ
醤油 300バーツ
胡麻 330バーツ
二味せいろ 360バーツ
▼天麩羅せいろ
醤油 380バーツ
胡麻 410バーツ
二味せいろ 440バーツ

佐藤養助商店の稲庭うどんがバンコクへ!「稲庭」がトンローで開店

店頭ののれん

佐藤養助商店の稲庭うどんがバンコクへ!「稲庭」がトンローで開店

奥にはバーカウンターも

佐藤養助商店の稲庭うどんがタイ・バンコクへ!「稲庭」がトンローで開店

振る舞われたつるつるしこしこの稲庭うどん

新着記事

ラマ9世交差点のGタワー内「ラーメンハブ」は朝7時半オープン
摘発!中華街化の進むホワイクワンのプラチャーラートバンペン通りに警察官大集合!
池袋・サンシャインシティ = ラップラオ・ユニオンモールという”いとたく独自論”
成田空港第2ターミナルに到着時免税店が2017年9月1日(金)オープン
さっちゃん BNK48(Satchan BNK48)
タイ映画「サンティとウィーナー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映