タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイで乞食行為が違法化、人身売買防止の目的も

2016年7月26日 配信

タイで乞食行為が違法化、人身売買防止の目的も

各報道によると、タイでは2016年7月28日(木)より、乞食行為を違法とする法律が施行されます。

タイの乞食(物乞い)は、カンボジアなどタイ国外から連れてこられた人身売買の被害者である場合も多く、乞食が得た金が、人身売買組織の手に渡ることが広く知られています。なお、調査によると、タイの乞食の半数近くが外国人とのこと。

今後は逮捕された乞食が外国人である場合は強制送還となります。また乞食がタイ人である場合は1ヶ月以下の懲役か1万バーツ以下の罰金、またはその両方。乞食の首謀者(人身売買組織など)は3ヶ月以下の懲役か3万バーツ以下の罰金、またはその両方となります。

タイで乞食に金品を与えることは「タンブン(喜捨)」といい、自身の徳を積む良い行為とされていますが、当局は、それらの行為を行わないように注意を促しています。

[関連記事]
タイで蔓延る3種類の人身売買と被害者保護のパウィナー財団【TVウォッチング】

新着記事

10月26日に営業するお店と営業しないお店一覧【前国王陛下の火葬の日】
ワット・ポーに着くまでに2千バーツも取られた男が一部始終を語る
4のマークの雲呑麺屋さんは何店ありますか?
MBKセンター4階の「カフェカルディ」でちょっと一息
ぐるなび、タイで「東北ジャパニーズレストランウィーク」開催
シラチャですか?シーラチャですか?それともシラチャーですか?