タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

「爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン」で「バンコクナイツ」東京プレミア爆音上映決定

2016年7月25日 配信

爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン

タイとラオスでオールロケが行われた富田克也監督、相澤虎之助脚本の映画「バンコクナイツ」が、2016年9月27日(火)から10月1日(土)まで東京・渋谷 Shibuya WWW、Shibuya WWWXで開催される「爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン」でのプレミア爆音上映が決定しました。

なお「爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン」では、タイ映画界の鬼才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品「光りの墓」、「アイアン・プッシーの大冒険」、「アートプログラム」も上映されます。

今回の爆音映画祭はタイの“イサーン地方”に焦点を当てた音楽と映画の特集。タイの中でもイサーン地方は特別な風土と歴史を持ち、その土地と時間が育んだ独特の文化を育てています。そのイサーン地方が主要のロケ地でもあり、第69回ロカルノ映画祭でインターナショナル・コンペティション部門に正式出品が決まったばかりの空族、富田克也監督最新作『バンコクナイツ』を爆音上映で東京プレミアします!
上映後は、『サウダーヂ』に引き続き、空族とがっちりタッグを組んだ山梨のヒップホップ・クルー<stillichimiya>のミニライブ、そして、監督の富田克也、脚本の相澤虎之助、それから本作の音楽面で大きく貢献したタイ音楽の伝道師ことDJユニット<Soi48>、爆音映画祭主宰の樋口泰人らのトークも有り。これが東京で『バンコクナイツ』の全貌が明かされる初めての機会となります。
加えて、本作にも出演しているタイの人間国宝、アンカナーン・クンチャイらも招聘し、「モーラム」と呼ばれるイサーン独自の音楽を生で体感する貴重なライブもあります。
更には、イサーン地方を題材にしてイサーンの音楽がふんだんに流れる、日本ではめったに観られない貴重なタイ映画を6本をタイから取り寄せてこのために字幕をつけての限定上映。
最後に、イサーン文化を背景に生まれた国際的映画監督アピチャッポン・ウィーラセタクンの3作品、新作『光りの墓』の東京初爆音上映を始め、これまでの監督特集でもなかなか上映されることのなかった長編『アイアン・プッシーの大冒険』と中・短編で構成される「アートプログラム」を上映。これらの作品を通し、タイの歴史と未来だけではなく、日本現在と未来とが同時に浮かびかがってきてくれたらと願っています。

『バンコクナイツ』 Bangkok Nites

2016年/182分/富田克也

前作『サウダーヂ』で、地方都市のリアルを「土方」「移民」「Hip Hop」をテーマに描き、話題となった映画制作集団、空族の最新作。構想10年、舞台を山梨からタイに移し、空族が問うアジア「娼婦」「楽園」「植民地」が、元自衛隊員とバンコクの日本人向け歓楽街・タニヤ通りでホステスとして働くタイ人女性の交流を軸に描かれる。http://www.bangkok-nites.asia/

bakuon thai isan 01 bakuon thai isan 02
© Bangkok Nites Partners 2016

 

爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン

[日程]
2016年9月27日(火)〜10月1日(土)
[会場]
Shibuya WWW、Shibuya WWWX(渋谷区宇田川町13-17 ライズビル)
[主催]
boid、空族、Soi48
[協力]
WWW、Thai Film Archive、Donsaron Kovitvanitcha、Nonzee Nimibutr
[助成]
国際交流基金アジアセンター URL: bakuonthai2016.com
[スケジュール]
9月27日(火)
モーラムユニット・ライヴ(ポー・サラートノーイ、アンカナーン&プロイ・クンチャイ、ポンサポーン・ウパニ)、井手健介、attc vs Koharu、DJ(Soi48)
9月28日(水)
爆音上映 タイ・イサーン特集 3プログラム予定
9月29日(木)
爆音上映 タイ・イサーン特集 3プログラム予定
9月30日(金)
爆音上映 アピチャッポン・ウィーラセタクン特集 3プログラム
『光りの墓』、『アイアン・プッシーの大冒険』、『アートプログラム<中・短編集>』
10月1日(土)
爆音上映 タイ・イサーン特集 『モンラック・メーナム・ムーン』
WWW X Opening Seriesスペシャル・イヴェント 『バンコクナイツ』東京プレミア爆音上映
ミニライブ:stillichimiya
トーク:空族、Soi48、樋口泰人、その他予定
※会場は10/1のみWWW X、その他はWWWで開催。
[料金]
9月27日 モーラムユニット・ライヴ券 前売り 3500円/当日 4000円
映画1回券 前売り 1500円/当日 1800円
映画3回券 前売り 3600円 (前売り券のみ)
10月1日 バンコクナイツ・イヴェント券 前売り 2500円/当日 3000円
※全ての回ドリンク代別(500円)/完全入替制
※映画1回券及び3回券は9/27「モーラムユニット・ライヴ」と10/1「バンコクナイツ・イヴェント」には使用できません。
[ウェブ]
http://bakuonthai2016.com/

 

▼関連記事
タイ&ラオスが舞台の映画「バンコクナイツ(富田克也監督)」が第69回ロカルノ国際映画祭で上映

新着記事

タイ語も対応!成田空港駅・空港第2ビル駅でヤマハ「おもてなしガイド」実証試験を実施
【ラオス】ビエンチャンの空港タクシー価格はUS7ドルから
二宮和也主演映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」がタイで2018年1月4日より劇場公開
パタヤでネットアイドルが電子タバコ所持で逮捕!タイでは電子タバコは違法
タイ旅行で安心な「Clean Food Good Taste」マークの美味しくて清潔なレストラン
【ラオス】ビエンチャン・ワットタイ国際空港でプリペイドSIMカードを買う