タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイ映画『光りの墓』トークイベント第2弾「アニミズムの裏にあるもの」レポート

2016年4月12日 配信

タイ映画『光りの墓』トークイベント第2弾「アニミズムの裏にあるもの」レポート

2016年3月26日(土)より東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開になった、タイ映画界の鬼才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の最新作『光りの墓』。4月9日に行われた⻑⾕川祐⼦さん(キュレーター/東京藝術⼤学教授)と福島真人さん (文化人類学者/東京⼤学教授)を招いての、トークイベント第2弾のレポートが届きましたのでご覧ください。

——————————————————————————————————-

■2016 年4月9日 シアター・イメージフォーラムにて開催。

『光りの墓』トークイベント第2弾はゲストに、キュレーターで東京藝術⼤学教授の⻑谷川祐⼦さんと、文化人類学者で東京⼤学教授の福島真人さんをお迎えしました。2000 年頃よりアピチャッポンが参加する展覧会を多く手がけてこられた⻑谷川さんからのリクエストで実現した今回の初顔合わせ対談。登壇していただいた福島さんは、80〜90 年代にかけて東南アジアの宗教と政治を中心に研究、その後、現地の病院の調査もおこなっていたとのこと。タイという国の背景を知る福島さんと、アピチャッポン自身をよく知る⻑谷川さんに、『光りの墓』の表現を読み解いていただきました。

 

政治の視点、芸術の視点。
これでアピチャッポン監督作『光りの墓』が腑に落ちた!

 

タイの王権を描くこと

『光りの墓』は眠り病にかかった男たちと、昔々の王様のお墓を巡る物語。こうして書くと、昔話をモチーフに描くファンタジー映画と受け取られるかもしれないが、描かれているのは現代のタイである。そして、タイの現状を知って⾒ると180 度印象が変わる映画であると福島さんは語った。

「象徴的なのは、映画館のシーン。通常、タイの映画館では予告編が終わると全員が⽴ち上がります。なぜかというと画面に現在のタイ国王であるラーマ9世が映しだされ、国歌が流れるからです。それが終わると本編が始まります。映画のなかでは、皆起⽴はしているけど、スクリーンには何も映されていませんでしたね。ブラックホールのように。そしてこのシーンは時間的にちょうど映画の真ん中に位置するシーンでもあります。始まって1 時間、残りあと1 時間というタイミングです。本来は真ん中にラーマ9世がドーンとでてきて太陽のように輝くはずが、何も映されないことによって王国の中心がブラックホールみたいな感じがする。僕はこのシーンを⾒て驚きました。これはタイの人がみたら、非常にショックを受けるようなシーンなんです」と解説。

「タイでは映画館で起⽴しなかったら捕まります。そういう場所で、こういう表現をするなんて“これはスゴイな”と思いました。」(福島)

『光りの墓』はタイで上映することができない。タイは政治的に厳しく、アーティストにとって決して住みやすい環境ではないが、それでもアピチャッポン監督はチェンマイに住みつづけている。

「アピチャッポン自身が、この状況をサヴァイヴしていくために、眠りに入っていく、眠りの中の夢を記述していく、とインタビューで言っていたのが印象的。彼の物語の起源は、ある意味抑圧された緊張感のなかから、夢⾒ること、夢を記述していくことで現れてくる。そこに構造を与えていくことによって、観客と共有できる深い映画空間を作っていく。そのことが福島先生に教えていただいたポイントから非常によく⾒えてくるなと思いました。」(⻑谷川)

 

■アピチャッポンのリアリズム

アピチャッポン監督は医者の両親のもとに育った。そのことからしばしば作品では病院、治療器具がモチーフになり、登場人物は何らかの病にかかった患者であることが多い。

「生と死を非常にリアルなものとして捉えていて、それが一層、彼のナラティヴに⼒を与えているのではないかと思います。」(⻑谷川)

「アピチャッポンの映画はアニミズム的とよく言われていますが、アニミズム丸出しの農村に2 年住んでいたことがある自身の経験から⾒ると、アピチャッポンはもっと醒めているのでは、と感じました。病院という現場を⻑いことみていて、どこかで、“人間って結局こういうものだよな”と思っている部分があるのではないかと思うんですね。あと⾒ていて、こんな風に描いていいのか!と思う場面がたくさんありました。例えば『ブンミおじさんの森』のお坊さんのシャワーシーン。さぼって帰ってきたお坊さんが、来ていた服を脱いでシャワーを浴び始める。タイ映画ではお坊さんは神聖なものであって常に真面目に修⾏している姿しか映さない。なので、シャワーシーンなどを描くのは非常にリスクが高いことです。そういうことをけろっとやってしまうドライな、即物的な感覚がすごく面白いと思いました。」(福島)

「アピチャッポン監督は夢のような描き方をする反面、非常に強くリアリティとか、モノの触覚、触感、モノの存在感をとらえる人ですよね。」(⻑谷川)

「映画を観る前にいろいろな人が書いた文章を読んで、これまでアピチャッポンの映画を⾒たことがなかったものですから、最初はアンリ・ルソー風の幻想的なものを予想していたんですが、観れば観るほどアンリ・ルソーじゃないなあという感じがしてきて、誰だろうと考えて浮かんだのが、第一次世界⼤戦後のドイツの新即物主義の画家、オットー・ディクスです。非常に即物的なんだけど、グロテスクに人を描く。のちにナチスに退廃芸術として迫害を受けるんですが。⾒ていてすぐにアピチャッポンはタイのオットー・ディクスだと思ったんですね。タイにはお坊さんの描き方としての一種のフォーマットがあるんけど、彼はそんなものは全然守らない。リアルなんですけど、タイの文法から言うとやってはいけないリアルというか。リアルに描くことでものすごく批判的な面が出る。オットー・ディクスほどグロテスクではないですけど、アピチャッポンさんには医学的なリアリズムがあって、それと彼の表現方法と、熱い政治意識みたいなものが渾然一体となって、カンヌを受賞したのかなというふうに思いました。アピチャッポンさんの映画に対して多くの人が言うアニミズムというのは、イントロではそうなんですが、掘っていくともっといろんな顔が⾒えてきますので、また皆さんもう1回みると雰囲気が変わって⾒えてくると思います。」(福島)

 

■アピチャッポン映画の二重性

「淡々と話し、淡々とご飯を食べ、寝たり、起きたりする。そういったやわらかな時間の作り方のなかにアピチャッポンさんの映画、時間と寄り添っていくという、ひとつの喜びもあるんですけど、その殺戮や暴⼒が起こらない静かさのなかで、とんでもない物語が同時に語られている。その二重性みたいなものに私たちはグイグイと惹きつけられていく。想像⼒をどんどん刺激されていく。その背景を知ると、もっと奥深くまで入っていけると思います。私にとってはやはり、主人公のジェンが目を⾒開くシーンが本当に印象的でした。イットは眠りに入ってしまう、ジェンは“私は目覚めたいの”と言って、目を⾒開いていますよね。それまであれだけ穏やかで物静かだったジェンの表情は、本当にあの視線、眼の全てに懸けられていくようです。それは“世界よ、覚醒せよ”という彼のひとつの暗喩的メッセージでもあったのではないかなと思います。」(⻑谷川)

この日のトーク終了後にはツイッターで、「不思議に思っていたことの謎が解けて、むちゃくちゃスッキリ」「福島さんの指摘に目から鱗」などの好反応の感想があがり、観客にとって映画が腑に落ちる、満⾜度の高いトークイベントとなった。

 

イメージフォーラムでの今後のトークイベントは下記の通り。
第3 弾◆4 /16(土)16:10 の 回上映後 「タイの政治状況と『光りの墓』」
ナラワン・パトムワットさん(キュレーター)✕福冨渉さん(『光りの墓』タイ語字幕翻訳)
バンコクの現代美術ライブラリー「The Reading Room」キュレーターであるナラワンさんと、『光りの墓』のタイ語字幕翻訳者であり、タイ文学研究の福冨渉さんをお迎えします。タイでは公開されることのない本作について、タイ人の目線で語っていただく貴重な回です。

 

光りの墓

รักที่ขอนแก่น (ラックティーコンケーン) 
CEMETERY OF SPLENDOUR

舞台はタイ東北部。かつて学校だった病院。“眠り病”にかかった男たちがベッドで眠っている。病院を訪れた女性ジェンは、面会者のいない”眠り病”の 青年の世話を見はじめ、眠る男たちの魂と交信する特殊な力を持つ若い女性ケンと知り合う。そして、病院のある場所が、はるか昔に王様の墓だったと知り、眠 り病に関係があると気づく。青年はやがて目を覚ますが……

2015 年|タイ/イギリス/フランス/ドイツ/マレーシア|122 分|5.1 surround|DCP
© Kick the Machine Films/ Illuminations Films

[製作・脚本・監督]
アピチャッポン・ウィーラセタクン
[キャスト]
ジェン:ジェンジラー・ポンパット・ワイドナー
イット:バンロップ・ロームノーイ
ケン:ジャリンパッタラー・ルアンラム
[スタッフ]
撮影監督:ディエゴ・ガルシア
美術:エーカラット・ホームラオー
音響デザイン:アックリットチャルーム・カンラヤーナミット
編集:リー・チャータメーティークン
ライン・プロデューサー:スチャーダー・スワンナソーン
第1助監督:ソムポット・チットケーソーンポン
プロデューサー:キース・グリフィス、サイモン・フィールド、シャルル・ド・モー、ミヒャエル・ヴェーバー、ハンス・ガイセンデルファー
タイ語翻訳:福冨渉 日本語字幕:間渕康子

配給・宣伝:ムヴィオラ     宣伝協力:boid

http://www.moviola.jp/api2016/

[関連記事]
幻の名作が日本公開中!タイ映画『光りの墓』トークイベント第3弾「タイの政治状況と『光りの墓』」レポート 絶賛公開中!タイ映画『光りの墓』トークイベント第1弾「東北タイと⾳楽」レポート
タイ映画「光りの墓」公開初日、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督Q&Aレポート
2016年春はアピチャッポン祭り!劇場にタイ映画「光りの墓」を見に行こう!
タイ映画「光りの墓」が2016年3月26日公開、アピチャッポン監督のSkypeトークも決定!アピチャッポン・ウィーラセタクン監督最新作『光りの墓』予告編&ポスタービジュアル完成
タイ映画界の鬼才アピチャッポン監督が福岡でショートフィルム制作ワークショップ開催

新着記事

インヤとチーバくんがタイ人が行きたい千葉をランキング形式で紹介
エクスペディア 2016年の人気旅行先ランキング3位にタイ・バンコク
ダイアナ- フリポー(Diana Flipo)
バンコク郊外の「大根」はタイ人に人気の日本料理店
劇場版「ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-」がタイで2017年2月23日公開
ミャンマーで美味しくてお土産に最適なクッキーを発見!

バンコクおすすめホテル

グランド センター ポイント ホテル ターミナル 21

ratingスクンビット通り

最安値 12,325 円

他のバンコクのホテルを探す

パタヤおすすめホテル

ハード ロック ホテル パタヤ

ratingパタヤビーチロード

最安値 9,771 円

他のパタヤのホテルを探す

プーケットおすすめホテル

ダイアモンド クリフ リゾート & スパ

ratingパトンビーチ

最安値 10,501 円

他のプーケットのホテルを探す