タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

伝説の「水象」は手のひらサイズで水の中を自在に泳ぐ【TVウォッチング】

2016年3月3日 配信

ミステリーの現場を直撃する「世界の何だコレ!?ミステリー(フジテレビ)」。2016年3月2日の放送では、我々が想像もしなかったタイの驚きのミステリーが紹介されました。

かつてはタイ国旗にもその姿が描かれていたタイの象徴である象。タイ旅行でのアトラクションで象に乗って散歩をしたり、とっても賢い象のショーを見たりしたという方も多いでしょう。かつてはバンコクの繁華街でも頻繁にその姿を見かけることが出来ました。(観光客より収入を得るために、象使いが象を連れて歩いていましたが、現在バンコクでは禁止されています。)

そんな大きな体に大きな耳と長い長い鼻が特徴の象ですが、タイには常識を覆す驚きの象がいると言うのです。それが伝説の「水象(ช้างน้ำ チャーンナム)」です。

水象

なんと「水象」は手のひらに乗るサイズの小さな動物。その姿は象そのものですが、後ろ足には足ひれが付いていて、水の中を自由自在に泳ぐことができるのだそうです。「水象」はその一生を水の中で暮らすのだとか。

番組では、実際に「水象」のミイラを所有しているという人物のいる、ミャンマー国境に接するタイ西部ターク県メーソットへ。

「水象」のミイラは全長約6cmほど。ミイラをレントゲンで撮影したところ、そこには骨も写っており、人工物ではないと本物認定を受けたのだそうです。まさにアメージング・タイランド!

 

世界の何だコレ!?ミステリー(フジテレビ)
2016年3月2日放送 19:00 – 20:54
雨上がり決死隊  きゃりーぱみゅぱみゅ
http://www.fujitv.co.jp/sekainonandakore/

[関連記事]
妖精のミイラがタイのシンブリ県に実在した!【TVウォッチング】

新着記事

2017年のキンジェー(菜食期間)は10月20日から28日まで
ラブレター(Love letter)
放課後プリンセス・小田桐奈々 タイ・サムイ島で撮影の写真集「white.」発売
千葉大学がタイ・マヒドン大学にバンコク・キャンパス開所
タイで美白歯みがき剤「アパガード」販売開始
山岳民族を感じる、スラムを感じる「クラフトエイドとフィームー展」開催