タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

ワット・タムクラボークは薬物中毒者のためのタイ唯一の寺院【TVウォッチング】

2016年2月4日 配信
ワット・タムクラポーク寺院

© https://www.facebook.com/wat.thamkrabok.th

2016年2月3日夜に放送された、テレビ東京『水曜エンタ「今 知っておきたい 世界のキケン地帯に住む人々」』。ヤーバーやアイスといった覚醒剤が蔓延するタイで、薬物中毒者のための更生施設が紹介されました。

その施設とはサラブリ県にあるワット・タムクラボーク。ここは50年前前から薬物治療を行ってきたタイで唯一の寺院で、タイ国内からだけでなく世界中から年間600人もの薬物中毒患者が、更生のために訪れるのだそうです。

治療期間は15日。番組内で紹介された治療方法は、特別に作られた解毒剤を患者が飲んでさらにバケツ一杯の水を飲んで吐き出すというもの。これを最初の5日間に1日一回毎日行うことで、毒素を吐き出し精神を鍛えるのだとか。

住職によると、薬物からの更生には強い意志が必要とのこと。ワット・タムクラボークでは患者たちが過ちを繰り返さないために、全力で治療しているのだそうです。

 

ワット・タムクラボーク

วัดถ้ำกระบอก

[住所]
Wat Tham Krabok Tambon Koonklone、Ampoe Phra Phuttabat, Phraphuttabat、Saraburi 18120
[電話番号]
036 266 292
[ウェブ]
http://wat-thamkrabok.org/
https://www.facebook.com/wat.thamkrabok.th

水曜エンタ「今 知っておきたい 世界のキケン地帯に住む人々」(テレビ東京)
2016年2月3日放送 21:00 – 22:48
http://www.tv-tokyo.co.jp/wed_enta/

新着記事

タイKFCでマンゴーチョコレートコーティングのソフトクリームを買う
ISSUEファッションショーに人気女優らが続々登場[BANGKOK INTERNATIOANL FASHION WEEK 2017]
ナム=カンクンナット パンヤ-キティナン(Nam-Kankulnut Panyakittinan)
エム=サーティダー ピンシンチャイ(Aim-Satida Pinsinchai)
タイ版”九九”で踊る女性教師がいた!
バイクタクシーのドライバーが目出し帽をかぶっているのはなぜですか?

バンコクおすすめホテル

グランド センター ポイント ホテル ターミナル 21

ratingスクンビット通り

最安値 12,325 円

他のバンコクのホテルを探す

パタヤおすすめホテル

ハード ロック ホテル パタヤ

ratingパタヤビーチロード

最安値 9,771 円

他のパタヤのホテルを探す

プーケットおすすめホテル

ダイアモンド クリフ リゾート & スパ

ratingパトンビーチ

最安値 10,501 円

他のプーケットのホテルを探す