タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

いとたく親子のバンコク・プロレス観戦記[GATOH MOVE PRO WRESTLING ”ONE AND ONLY”]

2016年1月30日 配信

OneAndOnly itotaku 01

プロレスリング我闘雲舞「ONE AND ONLY」
2016年1月25日 バンコク・Bluebox Studio M Theatre

久々に我闘雲舞の興行に行って来た、今回は超私的な観点から書くので悪しからず。

まずは会場のMシアターの雰囲気が変わっていたのに驚いた。取って付けたようなアイドル風横断幕の数々を一切合切排除、照明がストロングプロレスを象徴している様で良かったね。

アキバ系の風を吹かせながら…でもテクニシャンのRIHOやシンガポールのSPWから(弱かったけど)Dr.GOREや(MASA TAKANASHIにあっさり負けちゃったけど)Champion”The Statement”のANDORUEW TANGが参戦。でも全てはこの男によって霞んで観えてしまった。

“YUJI HINO”、この選手やばいね。プロレスファンには怒られちゃうかも知れないんだけど、俺のこの選手知らなかった。俺のお気に入り”BAD COMPANY”の”P-Nutz”や”Golem Thai”が小さく見えてしまう程の筋肉を身に纏い、実際試合では何もさせて貰えなかったという。

OneAndOnly itotaku 02

見て、この痣…”YUJI HINO”とのチョップ合戦でこの有様ですよ。更に試合後の乱闘が凄かった。”P-Nutz”を捕まえてパワーボムをカマそうとした時なんて「やっちまぇ!!」なんて思ってしまう程の迫力があったかんね。

そりゃ~、試合後にパシャッってやりたくなるわな。

OneAndOnly itotaku 03

大満足な”ONE AND ONLY”だったんだけど…いとたくは一言モノ申す。

“EK BAKI”よ、お前は正規軍で大人しくしているキャラクターではあるまい…体躯もあり声も出せる悪役顔。往年の新日本プロレスで大暴れしていた”マスク・ド・スーパースター”のような分かり易いキャラ設定をして、もっと暴れるべきでは無いか!?凄ぇ勿体なく感じた今日この頃。期待してっかんね…!!

新着記事

プロムポン「カスタードナカムラ」の誕生日ケーキとミンチカツサンド
Hotto Mottoでパクチーサラダが癖になる「ガパオライス」発売
ヴィトリオ&クリストファー独占インタビュー[タイ・フェスティバル2017]
カット=ソンヤー シンハ(Kat-Sonya Singha)7
「Wet & Wild Festival 2017」がカートゥーンネットワークアマゾンで開催
Koh Mr.Saxman独占インタビュー[タイ・フェスティバル2017]

バンコクおすすめホテル

グランド センター ポイント ホテル ターミナル 21

ratingスクンビット通り

最安値 12,325 円

他のバンコクのホテルを探す

パタヤおすすめホテル

ハード ロック ホテル パタヤ

ratingパタヤビーチロード

最安値 9,771 円

他のパタヤのホテルを探す

プーケットおすすめホテル

ダイアモンド クリフ リゾート & スパ

ratingパトンビーチ

最安値 10,501 円

他のプーケットのホテルを探す