タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

元風俗王チューウィット議員に懲役2年の実刑判決 、2003年のバービア群破壊で

2016年1月30日 配信
チューウィット・カモンウィシット

©https://www.facebook.com/ChuvitOnline/

バンコク・スクンビット通りソイ8とソイ10の間にある閑静な公園・チューウィットガーデン。かつてこの場所は小さなバービア(ホステスのいるバー)数十店舗が集まるスクンビットスクエアという飲み屋街で、連日連夜、在住外国人や観光客で賑わっていました。しかし2003年1月26日未明、一夜にして全ての店舗が破壊され、店主たちは立ち退きを余儀なくされたのです。

それを指示したのがかつてバンコク都内で多数のマッサージパーラー(ソープランド)を経営し、この場所にもマッサージパーラーを建設する予定だったチューウィット・カモンウィシット受刑者(55歳)。立ち退きを拒んでいたバービアの店主たちに対して、チューウィット受刑者が力で対抗した末の出来事で、「タイはなんでもありの恐ろしい国だ」という印象を持った人も多かったでしょう。しかし世間の風当たりは強く、この場所でのソープランド建設計画は頓挫し、公園設置に計画変更。その後チューウィット受刑者は政治家を志し、バンコク都知事選の落選などを経て、2011年にラックプラテートタイ党から出馬し当選。歯に衣着せぬ発言の”御意見番”としてカルト的な人気を誇っていました。

店舗を破壊された店主たちは、チューウィット受刑者ら、この事件に関わった人物たちを訴え、事件から13年経った2016年1月28日、ようやくタイ最高裁判所によりチューウィット受刑者の懲役2年、執行猶予無しの実刑判決が確定しました。なおチューウィット受刑者は即日収監されています。

チューウィット・カモンウィシット
(Chuwit Kamolvisit、ชูวิทย์ กมลวิศิษฎ์)
1960年8月29日 バンコク生まれ
https://www.facebook.com/ChuvitOnline/
https://www.instagram.com/chuvitkamol/

かつてバービア群で賑わったチューウィットガーデン

新着記事

片岡安祐美、ワッキー、庄司智春も参加決定!プーケットを巡るマラソン大会 「Phukethon2017」開催
エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ
沖縄=バンコクが片道5,390円!LCCピーチが2017年10月20日0時より48時間限定セール実施
喫煙所はガラス張り!タイのビーチ禁煙化で設置開始
ブンシリさんと行く「山梨日帰りバスツアー」開催!日本人もタイ人も一緒に楽しもう!