タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

コカ・コーラ自販機 スマートフォンでの製品情報案内でタイ語表示

2015年12月16日 配信

コカ・コーラシステムは日本全国で2015年12月14日より、自動販売機の多言語表示を順次開始すると同時に、スマートフォンで利用出来る製品情報案内をタイ語を含む15言語で開始しました。東京オリンピックが開催される2020年までに、多言語表示付きの自動販売機を日本全国で8万台導入する予定です。

(1) 自動販売機の多言語表示POP
各製品ディスプレーの下に、製品名または、製品カテゴリーを、英語、簡体中国語、韓国語で表示します。「コカ・コーラ」や「ファンタ」などのグローバルブランドについてはブランド名を、「ジョージア」や「綾鷹」などの日本発の製品については、コーヒーやお茶などの製品カテゴリーを表示し、さらに微糖や無糖などの製品特性を表示します。また、自動販売機本体に購入方法、製品購入時に必要な貨幣を分かりやすく説明したイラストを掲示します。

(2) スマートフォンでその場で確認できる15言語対応製品情報
製品ディスプレー下の製品説明に表示されているQRコードをQRコードリーダーで読み取ると、製品名、原材料名、アレルギー特定原材料、栄養成分表示などの詳しい製品情報を、スマートフォンを通じてその場で確認することが出来ます。対応する言語は、日本語、英語、繁体中国語、簡体中国語、韓国語、フランス語、タイ語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、イタリア語、ベトナム語、インドネシア語、アラビア語の15言語です。また、自動販売機の操作、購入方法のイラストもQRコードを読み取ることにより、同じく15言語で確認することが出来ます。

cocacola jihanki

コカ・コーラシステム、自販機の多言語対応開始<15言語での製品情報案内>

新着記事

伊豆田莉奈(Izurina BNK48)
大久保美織(Miori BNK48)
飛躍的に安全性が高まったセンセープ運河の新型ボートバス
ミスティーンタイランド2006が薬物で逮捕
日本人メンバー2人らBNK48が「メアリと魔女の花」公開前イベントに登場
こみつじょう タイ・パタヤで撮影のDVD「恋の奴隷」発売