タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

「ガパオ」とはタイ料理の名前ではなく、ハーブの名前です。

2015年12月6日 配信

日本人の好きなタイ料理のアンケートを取れば、恐らく5位以内には入ってくるであろうことは確実と思われる「ガパオ」。最近では日本でも家庭でも簡単に「ガパオ」が作れるシーズニング調味料やレトルト食品なども売られるようになり、ますます日本人にとって身近となってきています。

パットガパオムーサップ

「豚ひき肉のガパオ炒めご飯」 味付けはオイスターソースやナンプラーなど。

ところで「ガパオ」とは何のことかご存じですか?たぶん「ガパオ」をタイ料理の名前と思っている方もいるでしょうが、実は「ガパオ」というのはハーブの名前なんです。「しそ」や「三つ葉」や「パセリ」や、タイなら「パクチー」と同じく、主に料理の香り付けなどに使われるハーブの一つなんですね。ちなみに「ガパオ」は英語では「ホーリーバジル(holy basil)」日本語では「カミメボウキ」と呼ばれるシソ科の植物です。

krapao

ガパオ

ということで日本で認識されている「ガパオ」は正式には「ガパオ炒め」ということになります。タイ語で言えば「パットガパオ(ผัดกระเพรา)」。タイの食堂で注文するときは「パッガパオ」と言ったほうが通じやすいと思います。また「ガパオ炒め」には豚肉ひき肉入りの「パットガパオムーサップ」や鶏肉入りの「パットガパオガイ」の他にも、イカの入った「パットガパオプラームック」やエビの入った「パットガパオクン」、変わったところではカエルやキノコ入りもありますので、ぜひお好みの「ガパオ炒め」を見つけてみてください。

パットガパオプラームック

「イカのガパオ炒め」

新着記事

インク=ワラントーン パオニン(Ink-Waruntorn Paonil)3
タイ発祥の鉄板ロールアイスクリームをサムイ島で
フィッシャーマンズビレッジの夜市でサムイ島土産探し
プライドを持つ、プライドを捨てる…
スクートの客室乗務員ユニフォームが一新、シンガポール⇔関空⇔ハワイも就航開始
オリジンダイニングで「グリーンカレー」を期間限定販売

バンコクおすすめホテル

グランド センター ポイント ホテル ターミナル 21

ratingスクンビット通り

最安値 12,325 円

他のバンコクのホテルを探す

パタヤおすすめホテル

ハード ロック ホテル パタヤ

ratingパタヤビーチロード

最安値 9,771 円

他のパタヤのホテルを探す

プーケットおすすめホテル

ダイアモンド クリフ リゾート & スパ

ratingパトンビーチ

最安値 10,501 円

他のプーケットのホテルを探す