タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイ映画「光りの墓」が2016年3月日本公開-アピチャッポン・ウィーラセタクン監督最新作-

2015年11月19日 配信

hikarinohaka

タイ映画界の鬼才、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の最新作「光りの墓(原題 ラックティーコンケーン 英題 CEMETERY OF SPLENDOUR)」が、2016年3 月よりシアター・イメージフォーラムを皮切りに、日本全国での順次公開が決定しました。

「光りの墓」は2015年のカンヌ国際映画祭<ある視点部門>に出品された作品で、タイ東北部コンケーン県の病院が舞台となっています。

舞台はタイ東北部の町コーンケン。原因不明の“眠り病”にかかった兵士たちが移送されてくる仮設病院。そこでは色と光による療法が行われている。ある日、その診療所を訪れたジェンは、前世や過去の記憶を見る力を持った若い女性と知り合う。そして、かつてその病院の地下に王の墓があったことを知り、古代の人々と兵士たちの眠り病に関係があることに気づく……。

なお2016 年1 月には、「光りの墓」公開に先駆けて、アピチャッポン幻の傑作「世紀の光」もを日本初劇場公開。併せて旧作長編とアートプログラムを組み合わせた、アピチャッポン・ウィーラセタクンの特集上映を開催するそうです。

 

 

カンヌ最高賞受賞監督で国際的な人気アーティスト、アピチャッポン・ウィーラセタクン。その最新作が待望の日本公開!2016 年は、映画に展覧会に<アピチャッポン・イヤー>

『ブンミおじさんの森』(10)でカンヌ映画祭パルムドール(最高賞)・ウィナーとなったアピチャッポン・ウィーラセタクン。これまで日本で劇場公開されたのは、『ブンミ〜』だけだが、初長編『真昼の不思議な物体』が2001 年山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀賞を獲得したのを皮切りに、『ブリスフリー・ユアーズ』(02)がカンヌ国際映画祭ある視点賞、『トロピカル・マラディ』(04)は同審査員賞、そして『ブンミ〜』(10)で、ついにカンヌのパルムドールに輝き、トップクラスの映画作家として注目を集めると同時に、美術作家としても「ヨコハマトリエンナーレ」(11)への参加やヒューゴ・ボス賞ノミネートなど世界的に活躍している。そのアピチャッポン監督の待望の最新作が2016 年3 月に公開となる。

舞台はタイ東北部の町コーンケン。原因不明の“眠り病”にかかった兵士たちが移送されてくる仮設病院。そこでは色と光による療法が行われている。ある日、その診療所を訪れたジェンは、前世や過去の記憶を見る力を持った若い女性と知り合う。そして、かつてその病院の地下に王の墓があったことを知り、古代の人々と兵士たちの眠り病に関係があることに気づく……。

これまでのアピチャッポン作品にも共通するモチーフ、タイ東北部、病院、森、前世、記憶をさらに感動的なイマジネーションで描く本作は、アピチャッポンの映画作家としてのさらなる進化を感じさせ、また近年のタイにおける政治状況に対する想いも込められた紛れもない傑作だ。カンヌではコンペ部門への参加が早い段階から期待されていたが、なぜかコンペではなく、<ある視点>部門へ。その処遇に多くの映画ジャーナリストがカンヌ批判を繰り広げたことでも話題をよんだ作品である。
来る2016 年は、この新作『光りの墓』に先駆けて、1 月に“幻の傑作”としてファンの間で人気が高い2006 年作の『世紀の光』を日本劇場初公開し、あわせてアピチャッポンの旧作長編とアートプログラムをあわせた特集上映を開催。またアートの分野でも、福岡、青森、横浜での展覧会やワークショップ、9 月から開催される「さいたまトリエンナーレ2016」への参加、その後には東京都写真美術館での個展も控えている。日本において、一年を通してアピチャッポンの才能を堪能できる画期的な<アピチャッポン・イヤー>となるのは間違いない。

 

光りの墓

รักที่ขอนแก่น (ラックティーコンケーン) 
CEMETERY OF SPLENDOUR

2015 年|タイ/イギリス/フランス/ドイツ/マレーシア|122 分|5.1 surround|DCP
© Kick the Machine Films/ Illuminations Films

[監督]
アピチャッポン・ウィーラセタクン

[字幕]
間渕康子
[字幕協⼒]
福冨渉
[配給]
ムヴィオラ

CEMETERY OF SPLENDOUR

[関連記事]
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の幻の傑作『世紀の光』が2016年日本公開へ

新着記事

タイ国政府観光庁とサンケイスポーツが「第12回チェンマイマラソン2017」参加ツアー実施
満員のトラック改造バス・ソンテウからはみ出す乗客
ピコ太郎ら出演の日本語教育番組「あじゃぱん」がタイでも放送開始へ
志崎ひなた タイで撮影のDVD「トロピカーナ 」発売
Let’s Go 我闘雲舞 2017.8.31 -いとたくバンコクプロレス観戦記-
チャープラン BNK48(Cherprang BNK48)