タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

「鱈」はタイ国でも雪の魚と呼ばれる

2014年11月23日 配信

「鱈」はタイでも雪の魚と呼ばれる

冬の鍋には欠かせないタラ。漢字の「鱈」は日本で作られた国字で、その由来は「雪の季節に捕れる魚」という説と、「魚肉が雪のように白い」という説があるのだそうです。

一方タイでタラはプラーヒマ(ปลาหิมะ)と呼ばれ、直訳すると”雪の魚”という意味になります。

「鱈」の字は、今では漢字の本場である中国にも逆輸入され利用されているのだそうで、”雪の魚”が中国経由でタイに渡ったのか、日本から直接タイに渡ったのか気になるところです。雪のないタイですから、タイ発祥というのは考えにくそうですね。

新着記事

10月26日に営業するお店と営業しないお店一覧【前国王陛下の火葬の日】
ワット・ポーに着くまでに2千バーツも取られた男が一部始終を語る
4のマークの雲呑麺屋さんは何店ありますか?
MBKセンター4階の「カフェカルディ」でちょっと一息
ぐるなび、タイで「東北ジャパニーズレストランウィーク」開催
シラチャですか?シーラチャですか?それともシラチャーですか?