タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

初日から公道に出ることも!タイの自動車教習所事情【TVウォッチング】

2014年11月20日 配信

初日から公道に出ることも!タイの自動車教習所事情【TVウォッチング】

その地の魅力や”ホントの姿”をお伝えする「見ているだけで行った気になれる」海外情報バラエティが、フジテレビ『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』。2014年11月19日の放送はタイ前編です。

世界的に有名なバンコクの渋滞。 2012年のイギリスBBC発表によるとバンコクは渋滞が深刻な世界の都市第一位なのだそうです。また2011年のWHO発表では世界の交通事故死者数でタイは6位で人口10万人あたり42.9人。日本は189位で人口10万人あたり3.8人なんだとか。そんなタイでの自動車教習所事情が紹介されました。

タイの運転免許証の種類は3つ。普通車が18歳から、大型車も18歳から、二輪車が15歳から取得が可能なのだそうで、免許取得には学科試験 実技試験 適性検査があるのだそうです。

また免許証取得にどのくらいの費用がかかるのかというと、日本が30万円ほどかかるのに対し、タイでは4000バーツ(約1万4000円)と激安!教習時間も日本が実技34時間で学科が26時間なのに対し、タイでは実技が10時間で学科が5時間なのだそうで、日本人的感覚からすると教習時間が少なすぎるのでは?と感じてしまいますね。

また驚くことに教習初日から公道に出て実技教習をすることもあるようで、番組内でも2日目で公道を走る女性の姿が紹介されましたが、「以外に上手くいくものだ・・・」と思った人も多いかもしれません。ちなみにタイの教習車にも、教官が座る助手席にはしっかりとブレーキが付いているそうです。

世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?(フジテレビ)
毎週水曜日19:57~20:54
雨上がり決死隊 高島彩
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/sekaiittemitara/

新着記事

合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「いつか暗くなるときに」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「頭脳ゲーム」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映