タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイの僧侶姿で歌う山内圭哉率いるWat Mayhem Orchestraに批判と応援

2014年11月13日 配信
僧侶姿で歌う山内圭哉率いるWat Mayhem Orchestraにタイから批判と応援

©https://www.facebook.com/watmayhemorchestra

タイの僧侶の姿で歌う日本のバンドが話題になっています。

注目の的になっているのが、歌手で俳優の山内圭哉さん率いるWat Mayhem Orchestra(ワット・メイヘム・オーケストラ)。黄色い袈裟を着てステージパフォーマンスをする姿が、タイ人のSNSなどで拡散し、ニュースなどでも取り上げられています。

タイで僧侶は尊敬をすべき存在であるため、その姿での活動に対し批判が集まる一方、多くの応援の声も寄せられています。

以下がタイ人の声です。

・宗教を信じていないから、仏教もリスペクトできいないんだ。
・あんまり良いことじゃないね。
・仏教を蔑むの?
・地獄に落ちる。
・眉毛があるから偽坊主だw
・眉毛を剃れw
・眉毛がカッコイイ!
・コスプレが完璧でない。眉毛を剃らないと。
・なぜ日本の坊さんの服を着ないのだ?
・本物のお坊さんなの?
・タイのお坊さんの映画にもあるし、問題ないよ。
・朝の托鉢を忘れるなよ!
・コンサートを見てみたいね。
・マイペンライ!
・ユン(日本人の蔑称)にはバチが当たるよ。
・ 怒るタイ人も多いだろうな

画像引用 Facebookページ:Wat Mayhem Orchestra

新着記事

インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「いつか暗くなるときに」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映