タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

タイ映画「稲の歌」が第27回東京国際映画祭で上映

2014年9月30日 配信

タイ映画「稲の歌」が第27回東京国際映画祭で上映CR http://mosquitofilmsdistribution.com/

2014年10月23日から31日まで六本木ヒルズ(港区)やTOHOシネマズ日本橋(中央区)などで開催される「第27回東京国際映画祭(27th Tokyo International Film Festival)」の新企画「CROSSCUT ASIA」でタイ映画「稲の歌」が上映されます。

なお「CROSSCUT ASIA」では全8本のタイ映画が上映になります。
作品名は以下。

タン・ウォン~願掛けのダンス
コンクリートの雲
先生の日記
タイムライン
ラストサマー
メナムの残照
36のシーン
稲の歌

稲の歌

タイ映画「稲の歌」が第27回東京国際映画祭で上映

The Songs of Rice
เพลงของข้าว

2014/タイ/75分 ウルポン・ラクササド

『稲作ユートピア』(山形国際ドキュメンタリー映画祭09出品)で知られるウルポン監督の農村ドキュメンタリー最新作。広大な田んぼと稲の成長。折々の祭礼、歌、踊りの数々。とりわけクライマックスの手作り打ち上げ花火のシーンは圧巻! 日本の稲作文化と比較してみるのも一興。

タイを代表するドキュメンタリー監督のウルポンが“Stories from the North”(06)『稲作ユートピア』(09/山形国際ドキュメンタリー映画祭09出品)に続いて撮りあげた、<稲作3部作>の完結編。稲の生育、農作に伴う歌や踊り、といった諸テーマが語られ、祭りの日に打ち上げられる手作りロケット花火のくだりで大きなクライマックスを迎える。日本の四季と違って雨季と乾季が到来する東南アジアにおける稲作文化の諸相を描いており、やはり稲作文化に焦点を当てた小川紳介=小川プロダクションの『ニッポン国古屋敷村』(82)などと比較してみるのも一興。『ワン・ナイト・ハズバンド』(03)のピムパカー・トーウィラ監督がプロデューサーを務め、『コンクリートの雲』のリー・チャータメーティクン監督がポストプロダクションを監修するなど、インディーズ映画シーンの面々がスタッフに名を連ねている。2014年のロッテルダム国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞。

第27回東京国際映画祭

第27回東京国際映画祭(27th Tokyo International Film Festival)

[日程]
2014年10月23日(木)~31日(金)
[会場]
六本木ヒルズ(港区)TOHOシネマズ 日本橋(中央区)他
[ウェブ]
http://tiff.yahoo.co.jp/2014
[チケット]
10月11日(土)からticket boardで発売開始。

[関連記事]
タイ映画が大挙上映!第27回東京国際映画祭が2014年10月23~31日開催
タイ映画全8作品にゲストが登場!第27回東京国際映画祭

新着記事

【ラオス】「カフェ・シヌーク」はラオスコーヒーのカフェ&レストラン
バンコク・スワンナプーム空港で外国人女性が20メートルの高さからぶら下がるも力尽きて落下
サイアムパラゴン内の両替商比べ!もっとも好レートなのはどこ?
ミス・ユニバース・タイランド2017も登場したサイアムパラゴン12周年ガラディナーのファッションショー
タイは関税が高い!カナダのネット通販で買った180ドルのバッグに払った関税は…
プラーン=カンナラン ウォンカジョンクライ(Prang-Kannarun Wongkhajornkai)5