タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

睡眠薬,違法薬物利用による強盗等について日本大使館より注意喚起

2014年9月29日 配信

「睡眠薬,違法薬物利用による強盗」などについて、在タイ日本国大使館より注意喚起が出ました。以下に在タイ日本国大使館からのメールを転載します。

 

タイ国内における犯罪傾向と注意喚起(その5)(2014年9月29日現在)

1 在タイ日本国大使館では,邦人が関係する事件・事故が増えていることから,邦人の皆様の安全確保について,機会ある毎にタイ国家警察に申し入れを行っておりますが,警察側より,「違法薬物が関係すると思われる睡眠薬強盗が発生している。また,邦人が犯人となる薬物所持・使用事件が発生している。違法薬物には注意して欲しい。」等情報提供がありました。
今回,事例等を御紹介しますが,タイ滞在(旅行)にあたっては,犯罪被害防止と併せ,自分が事件の当事者にならないように注意して下さい。
なお,事件・事故が発生した場合,被害品の保障,負傷時の医療費等に備え,渡航前に海外旅行傷害保険加入をお勧めします。

2 犯罪傾向「睡眠薬,違法薬物利用による強盗」
古典的手口ですが,見知らぬ人から,親しげに声を掛けられ,飲食を共にした際,料理,酒類,ソフトドリンク等の飲食物に,睡眠薬や違法薬物等を混入され,意識不明に陥ったところ,所持品を奪われるケースです。
最近の事例では,バンコク都内カオサン通りで,親しくなった女性(東南アジア系 年齢40~50歳台 浅黒肌)と,ホテルで食事した際,飲食物に違法薬物を混入され,昏睡状態となり,現金やクレジットカード,携帯電話等を奪われた上,意識不明の重態となり,入院するという深刻な事件が発生しています。
旅行(滞在)中,見知らぬ人(特に女性)から声を掛けられたり,飲物,お菓子等をすすめられても,「これは,おかしい。睡眠薬強盗では?」という警戒心を持って下さい。

3 犯罪傾向「違法薬物所持・使用」
タイ警察は,タイ国内,特にバンコク都内観光スポット,繁華街や有名ビーチリゾート等において,覚醒剤,麻薬,大麻等違法薬物犯罪の取締り・摘発を行っております。最近の例では,空港で見知らぬ人から荷物を預かり,警察から所持検査を求められたところ,違法薬物を所持していたため,逮捕されたという事件が発生しています。違法薬物を所持していた場合,「他人から中身を知らされずに預かった。」,「違法薬物とは知らなかった。」等の弁解は通用しません。販売目的所持で起訴された場合,殺人罪よりも厳しい罰則 (死刑,終身刑,50年の懲役刑等)が科されます。見知らぬ人から「不審な荷物」を預かったりしないように十分注意してください。
実際,最近も,タイから第三国に向かい,到着時に,違法薬物の所持で現地の官憲に逮捕されるケースが複数件発生しています。
※タイ警察は,薬物売人を利用した「おとり捜査」を実施していますので,街角で販売している不審なクスリに興味本位で手を出さないで下さい。

4 日本大使館では,継続して犯罪情報の発信を行います。犯罪被害,交通事故に遭った際には,最寄り警察署,在タイ日本大使館,チェンマイ総領事館に連絡して,必要な手続きに関してお問い合わせください。

在タイ日本国大使館
電話:(66-2)207-8502,696-3002
FAX :(66-2)207-8511

新着記事

ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8
和のテイストを加えた革新的なフレンチレストラン『Elements』が「ミシュランガイドバンコク2018」の一つ星を獲得
年末年始の「アマラ・バンコク」、お得なクリスマスイブディナーやカウントダウンパーティーも
ニチャー=ナタニチャー ダンワタナーワニット(Nychaa Nuttanicha Dungwattanawanich)3
インターコンチネンタルブランドの「ステイブリッジ スイート バンコク トンロー」が2019年竣工へ
【ラオス】「カフェ・シヌーク」はラオスコーヒーのカフェ&レストラン