タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

Facebook広告で「いいね!」を増やそう! タイ人ファン一人あたりの獲得費用は・・・

2014年2月16日 配信

最近タイでオープンするレストランなどは、自前のウェブサイトを持たずにFacebookページのみを開設する例が多く見られます。タイでは全人口の25%以上にものぼる1,800万人がFacebookを利用しているのだそうで(日本は全人口の10%程)、クチコミの成果を期待してFacebookに力を入れているのでしょう。

ところが実際にFacebookページを開設してみると、なかなかページに「いいね!」を押してくれるファンの数が増えないため、やる気を無くしてしまい、終いには更新をしなくなるという結果になる例もあるようです。そこでより多くのファンをより早く獲得するため、ページの「いいね!」の数を増やすFacebook広告を試してみました。

Facebook広告 https://www.facebook.com/about/ads/

Facebook広告で「いいね!」獲得実験 タイ人ファン一人あたりの獲得費用は・・・

広告の画像アップロードや、一日の予算設定、広告を表示させるターゲットの設定などをして広告を掲載します。

今回はタイと日本に住むタイ人で、「日本」「日本語」「日本の漫画」のいずれかに興味がある人のみに広告を表示させるように設定をして、広告を掲載しました。性別、年齢などでも表示設定ができるので、より細かくターゲットを絞ることも可能です。

結果、700人のページの「いいね!」を得るのに、34,311回広告が表示され、2,550円の支払いが発生。タイ人ファン一人あたりの獲得費用は3.64円となりました。

今回は1日の予算を少額にしていたため、数日間かけての結果でしたが、700人のページの「いいね!」は予算を増やせば一日でも得られる数なのでしょう。

ちまたではFacebookページの「いいね!」の数に意味はないなどと言われることもありますが、比較的安価に「いいね!」を購入できるからなんですね。ただ、Facebookページの箔付けはもちろん、自らのやる気のためには「いいね!」の購入もありなのかも知れません。

新着記事

タイ映画「4月の終わりに霧雨が降る」が第30回東京国際映画祭で上映
タイ映画「現れた男」が第30回東京国際映画祭で上映
プミポン前国王の火葬日のため10月26日(木)は休日、旅行者は節度の有る服装と行動を
タイでバイきんぐ西村が過酷なインスタ旅「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」
2017年のキンジェー(菜食期間)は10月20日から28日まで
ラブレター(Love letter)