タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

映画「チェンライの娘」がテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほかで2013年2月9日より公開

2013年2月4日 配信

同じ星の下、それぞれの夜

タイ・フィリピン・マレーシアを舞台にした3監督によるオムニバス映画「同じ星の下、それぞれの夜」が、2013年2月9日よりテアトル新宿、シネリーブル池袋から順次全国公開になります。

「同じ星の下、それぞれの夜」は、2012年3月に開催された「第4回沖縄国際映画祭」で地域発信型プロジェクトの地域発信型映画として上映。タイを舞台にした富田克也監督の『チェンライの娘』はオムニバスの中のひとつです。

 

同じ星の下、それぞれの夜

映画「同じ星の下、それぞれの夜」予告動画

2012年  日本

[配給]
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
[ウェブ]
http://www.onajihoshi.com/

タイ、フィリピン、マレーシアで起こる小さな”軌跡”を描くオムニバス・ムービー

 

チェンライの娘

チェンライの娘

タイ

[監督]
富田克也
[出演]
川瀬陽太、ディーチャイ・パウイーナ、スシットラポン・ヌッチリ、 クリサナー・オビ、レイザーラモンRG
[配給]
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
[公開]
2013年2月9日からテアトル新宿、シネリーブル池袋ほか順次

40歳過ぎてもなかなか芽の出ない役者でキンちゃんと呼ばれる男。結婚して子供もいるが家族との関係もはかばかしくない模様だ。小銭かせぎのため怪しげな撮影に参加した彼は、カメラマンからタイのすばらしさを聞かされ、思ったより高額だったお金をつかんで着のみ着のままバンコクに降り立つ。はじめて訪れたタイは日本での生活を忘れさせるに十分な魅力を発していた。そこで知り合ったストリート・ガールのメイと楽しい一夜を過ごした後、今度は行きがかりでメイの友達フォンとともにフォンの故郷である北の街チェンライを目指すことに。言葉もままならぬひとりの日本人とふたりの女はそれぞれの思惑を抱えながら北へ向かって旅立っていく。

 

ニュースラウンジ25時

(フィリピン)

[監督]
冨永昌敬
[出演]
ムーディ勝山、阿部真里、西方凌、森松剛憲

 

FUN FAIR

FUN FAIR

マレーシア

[監督]
真利子哲也
[出演]
山本剛史、Soon Je nie、Azman Hassan

[関連記事]
第4回沖縄国際映画祭で日タイ共作映画「チェンライの娘」上映

新着記事

アニメ「サマーウォーズ」イベントがアニメイト バンコク店で 2017年9月9日・10日開催
タイ語でフリッパーズ・ギターの曲をカバーをしているのは誰ですか?
タイでワニ釣り体験!?[サムットプラカーン・クロコダイルファーム&ズー]
ショップチャンネルが「日・タイ修好130周年特番 スペシャルタイデイ」を5時間放送
ザニ=ニパーポン ティティタナカーン(Zani-Nipaporn Thititanakarn)8
90年代から現代までのタイ映画特集、福岡市シネラで2017年8月16日から