THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

タイの旧国旗は赤地に白い象だった

2013年1月17日 配信

現在のタイ国旗といえば赤青白の三色旗(ธงไตรรงค์  トン・トライロング)ですが、これは1917年9月28日に制定されたもので、それまでは赤地に王家の象徴白象の国旗が使われていたそうです。



Wikipediaによると「ワチラーウット王(ラーマ6世、1910年-1925年)が洪水の際に国旗が逆さまになっているのを見て、同じことが起こるのを防ぐために対称的な図柄にした」ということで現在のデザインになったのだとか。
国旗からは消えてしまった白像のデザインですが、現在は海軍旗のデザインの中に残っています。

タイの旧国旗は赤地に白い象だった

タイの旧国旗は赤地に白い象だった

赤地に白象の旧タイ国旗 1855年-1916年 上2つ

タイの旧国旗は赤地に白い象だった

現在のタイ国旗 1917年-

 

タイの旧国旗は赤地に白い象だった

タイ海軍旗

タイ国旗の移り変わり Wikipedia英語版
http://en.wikipedia.org/wiki/Flag_of_Thailand

新着記事

バンコクの恐竜パークが2018年4月20日に閉鎖、ショッピングセンター建設へ
日本政府、タイのテロ対策能力向上のために無償資金協力
エスビー食品はパクチー推し!「FOODEX JAPAN 2018」
タイ各地の地名入りコカコーラ
プローイ=ワラーンカナーン ウッタヤーコン(Ploy-Warangkanang Wutthayakorn)2
「車が出られない!」おばちゃん二人が自宅前に駐車したトラックを斧で破壊