タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

辰吉丈一郎 2008年10月26日、バンコク復帰戦か?

2008年10月9日 配信

元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎の復帰戦が11月26日バンコクで行われれうことが有力視されています。
以下の記事より

辰吉無報酬でも…26日タイで再起戦有力

 国内復帰の道が閉ざされた元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(38)が「無報酬」の再起戦に臨む。8日、タイで5年ぶりの試合を行う計画を 明かした。今月26日が有力で、ノンタイトル10回戦(相手は未定)となる見込みだ。ファイトマネーもない可能性が高いが「試合せんことには突破口を見い だせんから」と話した。

 辰吉は03年9月26日のアビラ(メキシコ)戦から5年が経過し、国内ライセンスが失効。昨年4月の合宿経験があり、ライセンスが不要なことか ら、復帰の場所にタイを選んだ。左目は3度の手術歴がある。体の切れも全盛期にはほど遠く、近年はスパーリングすら満足に行っていない。しかも“無報酬” になる可能性が高い。義兄で後見人の徳丸俊逸さんは「こっちは試合をさせてくれとお願いする立場。ファイトマネーは期待していない」という。

 所属の大阪帝拳ジムは健康上の問題を理由に既に引退勧告している。今回の再起戦についても吉井寛会長は「認められない」とこれまで通りの立場を貫き、協力には否定的。それでも辰吉は「大阪帝拳の名前をつけてリングに上がりたい」との希望を示している。

 交渉がまとまれば試合1週間前には日本をたつ予定。契約体重はこれまでのバンタム級(53・5キロ)程度になる見込みだ。

日刊スポーツ http://www.nikkansports.com/

新着記事

キッドキャット BNK48(Kidcat BNK48)
インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映