タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

2017年10月12日 配信

こんにちは、カオサン通りにございます旅行代理店「SawasdeeAngkorTour」の日本人セクションを担当させて頂いております丸山です。

先日のコラムで、11月に開催されるロイクラトン祭り、イーペン祭りに関して書かせて頂きましたが、11月のタイにはもう一つ「タイ3大祭り」と言われている「スリンの象祭り」が開催されます。



「タイ中の象さんが200頭以上も大集結!」といわれている、象さん好きには堪らない、 まさに象尽くしの一大イベント!ただ季節的に旅行者が少ない時期のためか「3大祭り」とか言われている割りには外国人は意外に少なく、私は過去に2回行きましたが、日本人には殆ど会うことはありませんでした。スリンの街自体もイサーン地方の田舎町のため、ローカル感が満載!物価も安いし本場のイサーン料理も美味しい!なにより優しい人が多かったな~・・。
※但し、お祭り期間中はホテル代は普段の倍くらいになります!・・普段の料金がバンコ クの宿より安いので、あんまり気になりませんが(笑)

象祭りは正確には「Elephant Festival Round Up」という名称で、普段は競技場として利用されている会場に、スリンだけではなくタイ全土から象さんが集結し、象のショーや象さんサッカー、そしてクライマックスはアユタヤ時代の戦闘を再現した活劇が壮大に繰り広げられます。しかし、スリンの象祭りの面白いところは、競技場で行われるショーだけではありませ ん!

ショーの前後にスリンの街を練り歩く象さん達との触れ合い具合がマジで半端ない!! 果たして日本であそこまで象と触れ合える場所ってあるんでしょうか?あったとしても料金が高そうだな~・・。スリンの象さん達は、1 袋10B~20B程の餌(サトウキビやキュウリなど)さえ購入すれば、 もう「これでもか!」って言うほど触れ合い放題!!

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

我が家の子供達もサトウキビを持って象さんに駆け寄ります!

街のメインロードで開催される「エレファント・ビッフェ」は象さん達が50メートル程に繫げられたテーブルに並べられた野菜などを、ひたすら喰いまくるという大迫力のイベン ト!

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

至近距離まで近づけます!

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

牙にも触れちゃいます!いや、触るどころか握ってます!

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

タイにお祭りは数あれど、私のイチオシは何と言っても「スリンの象祭り」!

子象ともお友達!!

いかがですか?11月のタイは雨も降らず気候も穏やか!日本はカレンダー的にお休みが取りにくいかと思いますが、象さん好きであれば一生に1回は行っておきたいスリン象祭り!弊社ではスリン行きの鉄道チケットやバスチケットも、もちろん取り扱いがございます!

また、人数が多ければレンタカー(運転手付)をチャーターして、バンコクから日帰り強行軍で行くことも可能です!(予想込み込み料金 9000B~10000B前後。 お客様10名様までのハイエースタイプの場合)

是非ともご検討下さいませ!

サワディーアンコールツアー
カオサン通りにある日本人常駐の旅行代理店です。 アンコールワットツアーやバンコク周辺の1日ツアー、タオ島でのダイビングや航空券を毎日バックパッカー(格安!)料金でご案内しております!
タイ国日本人会会員ご優待店
http://www.kaosan.info
https://www.facebook.com

新着記事

タイの偽ホテル予約サイトで被害続出!デンマーク人男らを逮捕
つけ麺 城:タイ東部シーラチャで極太麺の「濃厚魚介つけ麺」を食べる
シーラチャの高レートの両替商「シーラチャ・マネー・エクスチェンジ」
タイ発祥のロールアイス専門店「マンハッタンロール・アイスクリーム」で冬こそ食べたい新メニュー
2017年のタイの灯篭流し「ロイクラトン」は11月4日の開催(地域によって変動)
MRTパープルラインが値上げ、2017年11月より