タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

UNOはバンコクでも買えますか?

2017年12月7日 配信

カードゲームのUNOが欲しいのですが、バンコクのどこで買えますか?



UNOは玩具店の「トイザスら」で売られています。「トイザスら」はバンコクならセントラルワールド、メガバンナー、BicCラマ4、ファッションアイランド、ZPELLに店舗があります。
価格は通常のUNOで265バーツ(約900円)です。なお、日本のAmazonで販売されているUNOの価格は 609円です。(2017年12月現在の価格)

UNOは1971年のアメリカ・オハイオ州で、理髪業を営むむマール・ロビンス (Merle Robbins) 氏によって考案されました。マール氏が、家族や友人らがUNOに夢中でプレイしているのを見て、家族と共同出資して販売をスタートしたのだそうです。UNOはこれまでに世界中で1億5000万個が販売されています。
UNOが40周年を迎えた2016年には初めてルール追加が行なわれ、指定した相手と手持ちのカードを全て交換できる「とりかえっこワイルド」と自分だけのオリジナルルールが作れる「白いワイルドカード」が加わっています。

発売以来、不動の人気を誇るカードゲームの定番中の定番「UNO(ウノ)」! 配られたカードを誰よりも早く場に切っていくカードゲーム。場に積まれているカードの同じ色か同じ数字のカードを切ることができる。最後の1枚になったら「UNO!」と宣言。手持ちのカードがなくなった人が勝ちとなる。 今回ウノはフルリニューアルされ、ポップになったパッケージデザインだけでなく、カードもより見やすくアップデート。 さらに、新たに4枚のワイルドカード(特殊カード)が追加! 大逆転を可能にする、指定したプレイヤーと全部のカードを取りかえできる「とりかえっこワイルド」。好きなルールをなんでも書き込める「白いワイルドカード」。 戦略を立てながらゲームを進めてよりエキサイティング! もちろんワイルドカードなしの、オリジナルウノと同じルールでもプレイ可能。大人から子供まで、家族や友達みんなで楽しめます。

新着記事

バンコクの盆踊り大会が大盛況!参加者1万人!
ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8
和のテイストを加えた革新的なフレンチレストラン『Elements』が「ミシュランガイドバンコク2018」の一つ星を獲得
年末年始の「アマラ・バンコク」、お得なクリスマスイブディナーやカウントダウンパーティーも
ニチャー=ナタニチャー ダンワタナーワニット(Nychaa Nuttanicha Dungwattanawanich)3
インターコンチネンタルブランドの「ステイブリッジ スイート バンコク トンロー」が2019年竣工へ