タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイは服喪期間だそうですが、旅行者も黒い服を着なければいけませんか?

2016年10月22日 配信

解決タイランドのQ

11月にタイ旅行を控えています。王様が亡くなってタイは大変だそうですが、観光は出来ると聞いているので予定通りタイに行きます。今タイ人は黒い服を着て喪に服しているとありましたが、私達旅行者はどんな服装をすればいいでしょうか?

 

解決タイランドのA

日本のテレビのニュースでも報じられていますが、2016年10月13日にプミポン国王陛下が崩御されてから、タイ国民は皆黒い服を着て喪に服しています。大げさでなく、殆どの人が黒い服を着て外に出ているという印象です。

旅行者であれば(旅行者でなくても)、黒い服でなくとも暗めの色合いの服装で問題ないとされていますが、ローカルな場所を訪れる場合は、黒い服を着ていなければとても目立ってしまう可能性もありますね。

おそらく明るい服を着ていたとしても外国人旅行者とわかってもらえればそれほど問題は無いかと思うのですが、明るい服を着ているタイ人を”不敬”ということで撮影してインターネットに晒したり、その人に対して暴力行為を行ったりということも起きています。明るい服は避けて、出来るだけ黒い服を着ることをおすすめします。特に反王室と捉えられる可能性のある赤の服だけは絶対に避けてください。

タイ政府観光庁からも「多くのタイ国民は弔意を表すため、黒または白の衣服を着用しています。これは強制ではありませんが、可能であれば外出時には暗めの色の礼節をもった衣服をお召しになる事をお勧めします。」と注意を促しています。

kuroifuku

新着記事

キッドキャット BNK48(Kidcat BNK48)
インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映