THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

「シャム双生児」の語源はなんですか?

2015年1月22日 配信

解決タイランドのQ

「シャム双生児」の語源はなんですか?なぜ結合双生児のことを「シャム双生児」というのですか?

 

解決タイランドのA

「シャム双生児」の語源は、結合双生児がタイで初めて生まれただとか、特にタイで数が多いとかということでなく、ある一組の兄弟に由来しています。
その兄弟とは、1811年5月11日にサムットソンクラーム県で生まれたチャン・ブンカーとエン・ブンカーのこと。ふたりは肝臓が繋がった状態で生まれ、当時分離が不可能だったため、生涯結合したままでアメリカやイギリスなどの見世物小屋を巡っていたそうです。その時タイの当時の国名”シャム”より「サイアミーズツインズ(The Siamese Twins)」を名乗ったことから、結合双生児のことを「シャム双生児」と呼ぶようになりました。ふたりは結合したままで結婚し、62歳でなくなるまでに多くの子供も授かったのだそうです。

FIFAランキング
若いころのチャン&エン・ブンカー兄弟と晩年のチャン&エン・ブンカー兄弟

(2015年1月22日掲載)

新着記事

スワンナプーム空港
スワンナプーム空港 第2ターミナルが2021年完成へ
「表参道コーヒー」がタイ進出、バンコク・サイアムパラゴン内にオープンへ
25年前のガイドブックで当時の日本料理レストランを見る!「地球の歩き方 バンコク ’93~’94版」
チャンピオンGolem ThaiにTrexxusが挑戦!タイ我闘雲舞6.30大会
東南アジアの文化を体験できる夏休みイベント「ASEANキッズ・デー2018」を8月4日に東京で開催!
サッカーW杯で盛り上がるパッポン通り、日本代表ユニフォームの店員さんも多数