タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

カオパンサーとは何の日ですか?

2014年7月11日 配信

解決タイランドのQ

タイの休日のカオパンサーは何をする日ですか?

 

解決タイランドのA

カオパンサーとはタイ語ではเข้าพรรษา、日本語では入安居と呼ばれ、毎年陰暦8月の十六夜の日がその日に当たります。僧がお寺にこもり始める日で、仏教にとってはとても大切な日になります。

在京タイ王国大使館のウェブサイトによると・・・

カオパンサー(入安居)
陰暦8月の十六夜の日です。この日から出安居の日までの約3ヶ月の間、僧は仏教の修行に専念するため寺にこもります。かつて、僧が雨季に外出して百姓が植 えた稲を踏んでしまわないように寺に篭ったのが始まりであると言われていますが、現代でもこの日から出安居の日まで僧は寺に篭って修行に専念します。
また、この日人々は大きなロウソクの山車を行列になって寺社に奉納します。この習慣から、現代では様々な彫刻を施したロウソクの山車や踊りのパレードが見られる「ろうそく祭り」が行われています。

ということです。
なお、この日はお酒の販売が禁止されています。家でひっそりと飲む分には問題ありませんので、買いだめを。

©http://itc.drr.go.th/?q=node/758

(2014年7月11日掲載)

新着記事

エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ
沖縄=バンコクが片道5,390円!LCCピーチが2017年10月20日0時より48時間限定セール実施
喫煙所はガラス張り!タイのビーチ禁煙化で設置開始
ブンシリさんと行く「山梨日帰りバスツアー」開催!日本人もタイ人も一緒に楽しもう!
日本で退去強制手続を執られたタイ人の数は? 2017年上半期