タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

バンコク旅行に行きます。ホテルやレストランで日本語は通じますか?

2014年7月3日 配信

Q

バンコク旅行に行きます。ホテルやレストランで日本語は通じますか?
先日旅行に行った韓国のソウルでは、ホテルのフロントやショップやレストランの店員さんはみんな日本語が話せました。地下鉄にも日本語の表示がありました。今度行くバンコクではどのくらい日本語が通じますか?

 

Q

確かにソウルはどこに行っても日本語で大丈夫な印象ですね。ソウルと比べたらバンコクの日本語の通じる度は比較にならないくらい低いです。

日本人旅行者の多い大きなホテルであれば日本人のスタッフがいますし、なんとか日本語のわかるタイ人スタッフがいることもあります。室内の案内書などは日本語で書かれていることも多いので、全くどうしていいのか分からない、ということは少ないでしょう。
レストランでは、日本料理店でなければ日本語が通じることは少ないです。ただし日本人旅行者の多い有名店では、日本語のメニューがあることがあります。

タイ式マッサージ店でも、旅行者の多いエリアであれば、「仰向け」とか「うつ伏せ」とか、簡単な日本語が分かる人も多いです。

ソウルの明洞などへ行くと、各店舗で日本語担当、中国語担当、時にはタイ語担当のスタッフがいますね。バンコクでは免税店でも行かなければ日本語が分かるスタッフというのはまずいません。

地下鉄や高架電車も日本語の表示はありませんので、なんとか英語で頑張ってください。

ATMは日本語に対応しているものが多いです。

ということで、バンコク旅行では日本語の通じることはそれほど多くないので、例えば「指差し会話帳」などを持参して、タイ語会話で異国の気分をタップリと味わってください!

(2014年7月3日掲載)

新着記事

MBKセンター4階の「カフェカルディ」でちょっと一息
ぐるなび、タイで「東北ジャパニーズレストランウィーク」開催
シラチャですか?シーラチャですか?それともシラチャーですか?
片岡安祐美、ワッキー、庄司智春も参加決定!プーケットを巡るマラソン大会 「Phukethon2017」開催
エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ