タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

ランパーンのシンボルはなぜニワトリなのですか?

2013年9月10日 配信

Q

北タイのランパーン県に行くと街中がニワトリのマークであふれています。ニワトリの絵の入ったお皿もランパーン県の名産ですよね?
なぜニワトリがランパーンのシンボルになったのですか?

ランパーンのシンボルはなぜニワトリなのですか?

 

Q

ニワトリが北タイの古都ランーンのシンボルになったことについて、ある言い伝えがあるそうです。NHKの「世界ふれあい街歩き」のページに詳しい説明がありましたので、転載します。

「昔、お釈迦様がランパーンを訪れることに。しかし、街の人たちは朝早く起きられるか心配でした。このとき、仏教徒を守る神様であるインドラ神が、白い鶏に姿を変えて街の人を起こしてくれたおかげで、無事お釈迦様を迎えられた、というのです。ランパーン県の県章はプラター・ランパーン・ルアン寺の門の下に鶏が立っているデザインです。」
http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/detail/data/120216.html

(2013年9月10日掲載)

ランパーンのシンボルはなぜニワトリなのですか?

▼関連記事
セントラルプラザ・ランパーンはニワトリだらけ
ランパーン名物ニワトリの器

新着記事

ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8
和のテイストを加えた革新的なフレンチレストラン『Elements』が「ミシュランガイドバンコク2018」の一つ星を獲得
年末年始の「アマラ・バンコク」、お得なクリスマスイブディナーやカウントダウンパーティーも
ニチャー=ナタニチャー ダンワタナーワニット(Nychaa Nuttanicha Dungwattanawanich)3
インターコンチネンタルブランドの「ステイブリッジ スイート バンコク トンロー」が2019年竣工へ
【ラオス】「カフェ・シヌーク」はラオスコーヒーのカフェ&レストラン