THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

第288回 Jリーグ関係者と刺激し合いながら… -いとたくバンコク指導記-

2016年5月29日 配信

第288回 Jリーグ関係者と刺激し合いながら… -いとたくバンコク指導記-

小川雅洋さん…Jリーグクラブ経営アドバイザー。不思議な縁で、立場こそ大いに違いこの表現は失礼かもしれないのであるが、時を同じくして人生における決断期を一緒に過ごしている様に思う。

小川さんが社長職を辞してファジアーノ岡山に専念する決断をされた時、俺は20代でずっと敬遠し続けていたプロの世界へ飛び込み”Jリーガー”を目指す決断をした。

タイで指導スクールを移籍し、アカデミーチームを強くするという目標を持続させるためにどうすれば良いかと悩んでいた時に、俺は岡山を訪れた。この時小川さんと色々な話をし、俺は大いなるヒントや志を得て帰タイ…数ヶ月後、小川さんはファジアーノ岡山を離れJリーグへ足を踏み入れた。

現在小川さんは単身赴任でFC琉球のクラブ運営に携わっている。その忙しい激務の合間を縫って、なんとバンコクに遊びに来てくれた。「日本に本帰国してからもやり合える選手を育て続け、彼らの熱く戦う試合に対して一喜一憂する」事を目的に指導する俺がスクール運営にも携わらなければならなくなってしまった絶妙なタイミングでね。

第288回 Jリーグ関係者と刺激し合いながら… -いとたくバンコク指導記-

会う指導者×2に「いとたくは変わらなければいけない」と云われた。全所属スクールの上司にも、C級ライセンス受講時も現クラブ創設者にも…でも俺は不器用だから、それに熱いモノを熱苦しく伝える指導が本当に色々な人と議論をしてきたんだけど、このやり方が否定される意味が見いだせない。むしろ俺の個性なんじゃないかって思う。指導世代によって接し方は変えるけど、根本は熱さで良いんじゃないかと思うんだよね。その熱さを小川さんから俺は物凄く感じるんだよね。だから「自分の信じた道を進みたい」と毎度会う度にそう思わされる。今回の再会でもそう感じたね。

第288回 Jリーグ関係者と刺激し合いながら… -いとたくバンコク指導記-

小川さんと俺がタイに来る切っ掛けを作ってくれた後輩の試合を観戦した。規模は1万3千人とさほど大きくはないSCGスタジアム。しかしこのサッカー専用スタジアムで繰り広げられた熱戦に触れ、今後の活動のヒント…そして閃きを持ってタイを後に出来たという小川さん。俺も6月に色々とバンコクサッカー界へいくつか仕掛ける準備をしていた今日この頃、日タイで刺激し合いながら活動していけたらなんて思います。まぁ立場や影響力が違うんでね、生意気かもしれないんだけどね。

伊藤琢矢(いとたく)
アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand

新着記事

バンコクでは「家に帰るお金がないので、お金をください」という人に度々出会う
カルディコーヒーファームが「もっと、おうちでタイ料理」を開催
1月に日本人が大麻所持で逮捕(タニヤで購入)~タイの日本人事件簿
かつて東京・渋谷にも出店してた「SWENSEN’S」のマンゴーアイスクリーム
Ink&Earth、「タイフェス」に続いて「新代田環七フェスティバル」に出演し「神楽音」でもスペシャルライブ
ウルトラマンの海外での利用権は円谷プロ?タイ人実業家?-米国で円谷プロ勝訴判決