タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

第207回 バンコクサッカー界に新たな風を送り続けるCreer fc

2014年10月9日 配信

2014年10月9日掲載

「夢追い人」のタイサッカー珍道中

いとたくがコーチとして携わるCreer fc (クレールFC)。代表がアジアアンバサダー、副代表がタイでの現役プロ選手という事もあり、各イベントの特典が豪華なこと×2。先月9月28日(日)に急遽組まれたCreer fc Special Game 大会。ゲストにはなんと元日本代表で現在TPL(タイプレミアリーグ) BECでプレーする岩政大樹選手が来てくれた。
実は俺、以前偶然立ち寄ったお店で岩政選手を見かけ、面識は無かったのだが「自分バンコクでサッカーコーチをしております」と話し掛けたことがある。当日ゲーム大会前に挨拶をさせて貰ったときに「覚えてますよ」と言われ嬉しかった…というか超嬉しかったさ。
今回のイベントはゲーム大会ということで、とにかく岩政選手にフル回転してもらいプレーし続けて貰った。相変わらずの高い打点のヘディングと弾丸ミドルを生で見れて、選手達は多いに感動していたね。そして最後、イベントの絞めの挨拶でこんなメッセージを貰った。

「チームが上手くいかない時、劣勢に立たされている時こそ頑張れる選手になって欲しい」

鹿島アントラーズで身体を張り続けることで日本代表まで上り詰め、ここ異国の地でタイサッカーに変革の風を吹かせ続けている岩政選手のメッセージ。凄く説得力があるよね。
今後結果を出し続け、成長し続けていく事で「Creerの選手達、頑張ってるな」と思わせる事がこの日駆け付けてくれた岩政選手への恩返しになるのかなと思う。今度岩政選手が遊びに来てくれた時に当たり前のように“苦しい時こそ頑張れる選手”に何人が育っているだろうか。いや、そういう選手に俺らコーチ陣が育てていかなきゃいけないね。


伊藤琢矢(いとたく)

アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand

新着記事

タイ映画「4月の終わりに霧雨が降る」が第30回東京国際映画祭で上映
タイ映画「現れた男」が第30回東京国際映画祭で上映
プミポン前国王の火葬日のため10月26日(木)は休日、旅行者は節度の有る服装と行動を
タイでバイきんぐ西村が過酷なインスタ旅「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」
2017年のキンジェー(菜食期間)は10月20日から28日まで
ラブレター(Love letter)