タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

第144回 元気なタイ飲料系企業は、こぞってイングランドを目指す!?

2013年9月3日 配信

2013年9月3日 掲載

「夢追人」のタイサッカー珍道中

 マンチェスターシティーのナスリ選手がコーラ片手に”GOOD”をしている写真、最近バンコクの至るところで見られる広告である。このEST Cola、元々ペプシコーラを製造販売していたタイの会社が、ペプシとの契約満了を機に独自のColaを製造販売したもの。このEST Colaは2013年度のマンチェスターシティーのオフィシャルスポンサーとなり、実現したのがこちらの広告なのである。

 タイは飲料系の会社が非常に元気である。そして何故かタイの飲料系企業はイングランドを目指す。BIG Colaはイングランド代表のオフィシャルスポンサーとして君臨している。ビール業界の2大巨頭シンハービールとチャンビール、日本でも聞いた事のあるビール名であろう。シンハービールは夏に、オフィシャルスポンサーをしているマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーをタイに呼ぶ事に成功(しかしマンチェスター・ユナイテッドは香川を始め、ルーニーやファンペルシが来タイせず)。両チームとも試合を戦うという状態でのプレーでは無かったようであるが、チェルシーは背番号をタイ文字にするなどの、さすがのファンサービスを敢行した。

 チャンビールは、こちらもオフィシャルスポンサーをしているスペインのバルセロナを来タイさせ、メインスポンサーであるタイ代表との試合を実現させた。前述の2チームとは違いバルセロナは、タイ代表を7-1と完膚無きまでに痛めつけていた。

 シンハービールとチャンビールは、タイ国内リーグの多数のチームのメインスポンサーもしている。給料未払いをしていたチームなんかも立ち直らせている程、この両企業がスポンサーに付くとチームの懐が潤うようである。

 毎度このコラムで登場する俺が所属したRajpracha FCはこれとは逆のケース。俺が加入する前年まではチャンビールがメインスポンサーをしていたようで、2009年にDivision 2優勝、Division 1昇格1年目の2010年度シーズンは中位をキープしていよいよ2011年にTPL昇格を目指すという時に俺はチームに加入…しかしチャンビールはメインスポンサーを撤退。するとどうなったか…あえてここでは書かないが(以前のコラムをお読みくだされっ!!)、現在はDivision 2に降格し相変わらず給料遅配等を繰り返しているそうだ。

 最後にタイの企業では無いのだけれど、コカ・コーラの話を少々。ここタイで販売されているコカ・コーラは、日本のものより炭酸が弱めなのだそうだ。確かな情報では無いのだけれど、日本から来る俺の友人は何故かコカ・コーラ好きが多く、そして誰もが口にして日本へ帰る…「タイのコカ・コーラは炭酸が弱い」というセリフ。本当かどうか自分の口で飲み比べていただけたらと思う。


伊藤琢矢(いとたく)

アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand

新着記事

タイで美白歯みがき剤「アパガード」販売開始
山岳民族を感じる、スラムを感じる「クラフトエイドとフィームー展」開催
「本物すし」はタイ版「料理の鉄人」の和食レストラン
バンコク王宮は前国王葬儀で一時公開中止、2017年10月1日~29日
ジャン BNK48(Jan BNK48)
ケート BNK48(Kate BNK48)2