タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

第132回 いとたくの(無理やりサッカーを絡めた)バンコク子育て日誌 Part.2

2013年7月10日 配信

2013年7月10日 掲載

「夢追人」のタイサッカー珍道中

 息子(4歳)が”俺”とか”お前”という言葉を友達に対して使い始めた。完全に俺の影響なんだけど…。ママが「それは良くない」と良く言って聞かせている。「”僕”とか”君”を使いなさい」とね。海外に住んでいる影響なのかな、娘が4歳の時は読み書きに興味を持って独学でマスターしていたけど、息子に関してはチョット遅いように感じる。その分タイ語や英語には抵抗無いみたいなのだが…。

 それに加えて現在”反抗期”と来ている。毎日のように「あれ買って、欲し~ぃ!!」とか「何々した~ぃ!!」とピ~ピ~言って、特にママを困らせているようだ。親バカだけど、黙っていると本当に可愛い子なんだけどね。

 ある日、息子が悪さをしたので俺は大激怒した。”悪いと思ってやった事が一番いけない事”といつも言っているので、息子が泣いても説教を続けた。「もぅ…わかったから…」と口をへの字にして泣きじゃくった息子を見て、”この辺にしといてやろうかな”と解放してあげたところ、ママのところに一目散に向かった。”あとはママ、よろしく~”なんて思っていたのだが…。

 「ママ…ママ…、たっくん(俺の事を息子はこう呼ぶ)がね…」泣きながら喋っているので言葉にならない。「たっくんがね…”俺”って言ったよ!!」…(そこっ!?)今までの説教はなんだったのであろうか!?

 そんな息子が最近サッカーを始めた。まだまだサッカーとは言えないものだけれど、毎週毎週サッカーの日が来るのを楽しみにしている。一生懸命指示してくれるお兄ちゃんの口を”うるさいっ”と押さえつけたり、自殺点して喜んだり…はっきり言って問題児である。でもね、最近体力が付いてきたからか、ボールを追い続けているんだよね、それも凄く楽しそうに。その姿が、本当に親バカなんだけど…可愛いんだよね。


伊藤琢矢(いとたく)

アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand

新着記事

飲食店のタイ進出は?海外出店に対する意識調査
夏川りみ 独占インタビュー in タイ・バンコク~感動の歌声が日本とタイを結ぶ
タイ映画「グラビティ・オブ・ラブ(愛の重力)」:仙台が舞台のトゥーイ主演のラブコメ作品
トンロー「まる」で500バーツの懐石料理、毎日17時~19時限定
ジャン BNK48(Jan BNK48)
プロサッカー選手を目指した理由、そしてJのピッチで見えたのも