タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

第85回 "夢追人”の珍道中 -2代目(2台目)ジャックラヤーン-

2013年1月12日 配信

2013年1月12日 掲載

「夢追人」のタイサッカー珍道中

 前回のコラムで綴った新居から練習場までの道のり。さてどうしたものか…車をタイで購入しようと思っていたのだけれど、ワーパミが無いと買えない事が判明。バイクは正直事故の事を考えると怖い。そこで浮上してきたのが自転車。代理人曰く「日本の防犯登録のような物はタイには無い」というので、早速街のショッピングモールに買いに行った。
“ママチャリ以上本格的な自転車未満”という訳の分からない設定をして物色した結果、購入に至ったのが写真の自転車。ちなみにこの写真の物は2代目(2台目!?)である。これで練習場までの道のりが片道40分になった。
初代(1台目)の自転車とお付き合いしたのは4日間だけであった。日本よりも悪路であり、長距離運転を考えて、見た目が頑丈そうな物として選んだんだけど、購入して漕ぎ出してから直ぐペダルが外側に傾いたような錯覚を覚えた。2日目にはギーギー鳴り出して、3日目の帰路にペダルが両方飛んだ。その日は足漕ぎでキックボードのような乗り方で帰宅した。購入先のショッピングモールに持っていきながら代理人に現況を説明、「あと5分でお店に着くから交換するように店員に説明してくれ」とお願いをしておいた。…なのにお店に着いて代理人に電話をしても全然出てくれない。ホントこの人は気分屋だから、仕方がないので拙い英語とリアクション、そして現物の故障自転車を見せる事で何とか新品と交換してくれるように事を運んだ。
2代目(2台目)も同じ色形の物にした。デザインは気に入っていたからね。でも4日目にカラカラ鳴り出して、6日目に今度は漕ぐ部分が丸ごと外れた。今度は修理するしかないなと思いローカルの自転車屋さんへ”あの~”的な顔して持っていった。そしたら故障箇所は勿論の事、全ての箇所のネジ等をチェックし直してくれて30Bathで済んだ。でも…2日もしたらブレーキが効かなくなっていった。
最近娘(6歳)や息子(3歳)とよく公園に自転車に乗りに行く。だけどまだ上手くブレーキが使いこなせていない。 どうするのかというと、息子は壁に激突して止まる。娘は”足ブレーキ(靴底を摩擦で磨り減らしながら)”で止まる。この”足ブレーキ”は自分も当初相当多用していた、というかそうぜざる負えなくなっていた。2台目自転車の晩年は前後両方のブレーキが効かなくなっていたから…。
家族を日本から呼びよせて家を引っ越す時に2台目自転車とは別れを告げた。地元の子供達が「くれ×2」言うから足ブレーキのやり方を伝授してから「好きに使いな」とあげて来た。トラブル続きだし不便だったけど、野良犬にも2・3度追いかけられたけど…サドルが固くて股間が痛かったけど、今となっては良い思い出である。今も2台目自転車は、大事に利用されているのであろうか!?


伊藤琢矢(いとたく)

アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand

新着記事

とにかくセクシー過ぎるタイのお肉屋さん(動画あり)
モーケン族はイルカやシャチと同じ目を持つタイの海洋民族【TVウォチング】
SWEAT16!が 「日タイ交流ラムウォン盆踊り大会2017」の櫓の上で浴衣姿でライブ披露
トゥーム=ピムパウィー コークラビン(Toon-Pimpawee Kograbin)
バンコクの盆踊り大会が大盛況!参加者1万人!
ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8