タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

第40回 チャイヤプムを離れ、釣り人で有名なシーチャン島へ。1日目。

2014年10月4日 配信

2014年10月4日掲載  タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活 mii

サワディ!

先週は娘出産前の最後の親子水入らず・・・という事で両親が日本から遊びに来ていました。私がタイへ嫁いでから両親がタイを訪れるのは今回で2回目。 前回は私の住むチャイヤプム、そこから南下してカオヤイ、そしてサメット島を案内しました。 そして今回は前回サメット島で釣りをしたそうにしていた父を喜ばせたく、釣り人で有名と言われているシーチャン島へ行ってきました。

まずシーチャン島の位置ですが、バンコクから南東方面へ車で1時間半程走らせた、パタヤとバンコクの中間くらいの位置にあります。

そして港から船で40分程かけて島まで向かいます。

タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活

この写真はもうすぐで島に到着する時に撮ったもの。

左の山の中腹に見える赤い屋根の建物はラマ5世の別荘だったようです。

写真のとおり島の雰囲気はビーチがほぼ無いに等しいので、周りにあるようなリゾート地のイメージはなく、観光客もまばらなローカルな雰囲気漂う

とっても長閑な小さな島です。

この写真は島で一番栄えている通りの写真。

タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活

港へ着くと、そこには沢山のサムロー(バイク型タクシー)がお出迎えしてくれます。

タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活

宿泊場所もリゾートではないのでゲストハウスのような形が一般的のようです。

そして私たちはその中でも口コミの良かった’Joddy’s house’へお世話になりました。

タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活

ここが予想よりはるかに快適で、結局延泊してしまいました!

2部屋しかないので、両親と私たちで貸し切り状態。

そしてお風呂場もとっても清潔で室内も広く、窓ガラスも大きくとっても開放的でした。

室内の写真をとって無かった事が本当に残念。

宿のオーナーさんもとっても親切でした。

そして何よりもとっても美味しいシーフードが食べれるお店が近く、3泊4日の滞在中ほぼそちらへ食べて行ってました。

そのお店の紹介は二日目の記事で紹介します!

(記事・写真 mii)

新着記事

SWEAT16!が 「日タイ交流ラムウォン盆踊り大会2017」の櫓の上で浴衣姿でライブ披露
トゥーム=ピムパウィー コークラビン(Toon-Pimpawee Kograbin)
バンコクの盆踊り大会が大盛況!参加者1万人!
ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8
和のテイストを加えた革新的なフレンチレストラン『Elements』が「ミシュランガイドバンコク2018」の一つ星を獲得
年末年始の「アマラ・バンコク」、お得なクリスマスイブディナーやカウントダウンパーティーも