タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

第39回 タイの田舎で妊婦生活。

2014年9月4日 配信

2014年9月4日掲載  タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活 mii

サワディ!

お久しぶりの更新となりましたが、私は相変わらず前と変わらずのんびり暮らしております。
私事で大変申し訳ないんですが、実は今年の終わりに我が家にも家族が増える事になりました。
すでに妊娠7ヶ月目に入りました。

慣れない異国の地で、しかもここはド田舎。しかも初産!!!
そんなこんなで6月に日本へ帰国した際にベビーグッズを買い漁ったり、里帰り出産するかこっちで産むか悩んだり、こっちでも産める病院をさがしたりとバタバタしてました。
結果的に、今後特に特別な事情がない限りタイの田舎で出産する事に決めました。
バンコクじゃないので医療設備もそこまで整っていないし、正直不安で一杯です。
本当はバンコクで産めたら最高なんですが、車で片道5時間強の道。
下手したら車内で出産になってしまいそうな確実に無理な距離なので、断念するしかないです。

私は日頃チャイヤプムの中心地にある私立の病院でよくお世話になっているんですが、妊娠が発覚した当初『チャイヤプム内の病院では帝王切開しかできません』って担当医に言われてとってもびっくりしました。
タイの風習で出産は日付によって運命が決まると言われている為、比較的お金持ちの人が良い日取りを調べて帝王切開で出産する人も多いそうなんです。
価格的に言うと自然分娩→帝王切開→無痛分娩(今現在調べた限りではバンコクでしかやっていないみたいです)

タイでも出産に掛かる費用は保険適用外になります。
もちろん日本に比べたら全然安いです。
でも私は出来るなら母親が帝王切開で大変な思いをしていたので避けたい。
でも絶対ここに住む皆が皆帝王切開じゃなく、自然分娩で出産してる人もいるはずと思いそれからチャイヤプム内の病院の情報収集の毎日でした。

結局、チャイヤプムでも国立病院なら自然分娩がやっているという事。
単に帝王切開はお医者さん自体が24時間態勢でスタンバイしなくて良くて、スケジュールを調整できるからということで私の担当医は『自然分娩はない』と言ったみたいです。

とりあえず出産方法の選択肢が広がり一安心。
でもまだ今も産む病院が確定した訳ではなくまだ情報収集の日々です。
口コミとかが全くないので、直接病院まで足を運び、自分の目で見て雰囲気を見る方法しかなくて正直大変・・・・

なので今後は私のコラムにも引き続きタイの田舎での生活も含め、出産事情も載せていこうと思います!
まぁ私のようにこの近辺で暮らしている日本人女性が居るか分かりませんが、口コミもインターネットで検索しても出てくる結果はバンコクでの出産事情のみ。

イーサンの田舎で産む方はかなり少数かまたはもしや‘0’かも知れませんが、そんな人達のお役に立てればと思います。

タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活

(記事・写真 mii)

新着記事

とにかくセクシー過ぎるタイのお肉屋さん(動画あり)
モーケン族はイルカやシャチと同じ目を持つタイの海洋民族【TVウォチング】
SWEAT16!が 「日タイ交流ラムウォン盆踊り大会2017」の櫓の上で浴衣姿でライブ披露
トゥーム=ピムパウィー コークラビン(Toon-Pimpawee Kograbin)
バンコクの盆踊り大会が大盛況!参加者1万人!
ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8