タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

第24回 イーサン地方の料理“ケーンオンガイ”

2013年7月16日 配信

2013年7月16日掲載  タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活 mii

サワディ!
タイの東北地方チャイヤプームで新婚生活を送っているmiiです。

先日日本への里帰りから帰ってきて、もうすっかり通常モードで生活しております。

こっちに戻ってきてからは週三回、タイ料理の勉強を始めました。
もちろんこんな田舎に料理教室なんてものは存在しないので、会社の方から営業終了後に教えて貰っています。

習っているのは、レッドカレーやガパオを含めたベーシックなタイ料理と独特な素材を使ったイーサン地方の料理です。

こっちに嫁いだ当初はイーサン料理のクセのある味になかなか慣れなかったんですが、最近はすっかりその味覚の虜になりつつあります。

イーサン料理の特徴としては11回目のコラムにも掲載させていただいた、“バーラー”という日本で言う“しょっつる”のような調味料を使っている事、またイタリアンでもよく使われている“ディル”を使用する事が特徴みたいです。
タイ料理ではナンプラーをよく使う事は知られていますが、イーサン地方の調味料のバーラーはそれとは全く別物です。色は茶色く濁っており、匂いはアンチョビを濃厚にしやような匂いです。

そしてその2つを使い先日作ったイーサン料理がこちらです。

タイのチャイヤプームで波瀾万丈移住生活

名前は“ケーン オン ガイ”。
スープの中には他に鶏肉、野菜類、赤唐辛子、レモングラス、コブみかんの葉、カーというショウガのようなものが入っていて、ハーブが沢山入っているので飲むと体がホカホカしてきます。

スープを口にした瞬間、ディルの香りが主張してくるんですがバーラーの匂いは他のハーブの効果で旨味だけが残っている感じで意外に気になりません。
またこのスープに入っているカーというショウガのような材料も日本で手に入らないと思うので、日本で食べる事はできないと思います。
イーサン地方に来て、このメニューを見る機会があったら是非頼んでみて下さい。

イーサン地方の特徴を詰め込んだスープ、美味しいですよ〜!

(記事・写真 mii)

新着記事

飲食店のタイ進出は?海外出店に対する意識調査
夏川りみ 独占インタビュー in タイ・バンコク~感動の歌声が日本とタイを結ぶ
タイ映画「グラビティ・オブ・ラブ(愛の重力)」:仙台が舞台のトゥーイ主演のラブコメ作品
トンロー「まる」で500バーツの懐石料理、毎日17時~19時限定
ジャン BNK48(Jan BNK48)
プロサッカー選手を目指した理由、そしてJのピッチで見えたのも