タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

チャオプラヤ川ターチャン船着場近くのタイ料理食堂

2017年9月12日 配信

チャオプラヤ川を走るチャオプラヤエキスプレスのターチャン船着場周辺は、バンコク随一の観光スポットであるエメラルド寺院(ワット・プラケオ、王宮)も近くにあって、多くの観光客があつまるスポットです。

ターチャン船着場からナープララーン通りを東に向かって左手にある黄色の建物には、レストランやお土産物屋さんなどが入居。今回はその中のタイ料理屋さんでランチです。なお店名は、看板にも書かれていないため不明。

観光客の多い場所なので、料金もそれなりに高額なのだろうと思っていたのですが、一品が50バーツほどからと、街の食堂よりもやや高いか、あるいは殆ど変わらない価格です。

チャオプラヤ川ターチャン船着場近くのタイ料理食堂

パッカナー(カイラン菜)と豚肉のオイスターソース炒めは70バーツ。

パットパッカナー

辛くて酸っぱい豚のトムヤムスープは120バーツ。そいうえば豚のトムヤムスープ(トムヤムムー)は初めて食べます!トムヤムスープは海老などのシーフードを入れるのが一般的ですが、お肉もOKなんですね。

トムヤムムー

ガパオライスは目玉焼きが乗って55バーツ。これも定番タイ料理ですね。

パットガバオカイダオ

こちらはグリーンカレーの炒飯。以外にも優しい味で、美味しいのです。

カオパットゲーンキアオワーン

世界的観光スポットでも庶民的料理が美味しい、ターチャン船着場近くのタイ料理食堂でした。

新着記事

バンコクで木村祐一が考案した「太焼きそば」を食べに行った衝撃の結末
タイ映画「4月の終わりに霧雨が降る」が第30回東京国際映画祭で上映
タイ映画「現れた男」が第30回東京国際映画祭で上映
プミポン前国王の火葬日のため10月26日(木)は休日、旅行者は節度の有る服装と行動を
タイでバイきんぐ西村が過酷なインスタ旅「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」
2017年のキンジェー(菜食期間)は10月20日から28日まで