タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

バンコクエアウェイズのプロペラ機ATR72-600でサムイ島からバンコクへ

2017年8月14日 配信

サムイ島とパンガン島での滞在期間を終えてバンコクへ。20時15分発のバンコクエアウェイズPG184便でサムイ空港からバンコク・スワンナプーム空港へ向かいます。

 

ゆっくりできるプロペラ機

トロピカルな雰囲気でいっぱいのサムイ空港。オープンエアの搭乗ゲートで出発を待ちます。バンコクエアウェイズはエコノミークラスでも軽食が用意されていますし、無料のWi-Fiも利用可能。空港に早く着きすぎても、この搭乗ゲートでゆったりくつろげますのでご心配なく。

出発を待つ搭乗ゲートもオープンエア サムイ空港

搭乗になって初めて気付いたのですが、このフライトの機材はATR72-600。70人乗りのプロペラ機です。

バンコクエアウェイズのプロペラ機ATR72-600

小型機なので中は狭く、天井は低いです。

バンコクエアウェイズのプロペラ機ATR72-600

バンコクエアウェイズのプロペラ機ATR72-600

バンコクエアウェイズのプロペラ機ATR72-600

小型機なので、CAさんは2名。出発して直ぐ食事の時間です。バンコクエアウェイズは短い時間のフライトでも機内食が着くんですね。

バンコクエアウェイズ CAさん

この日のメニューはミーゴレン。インドネシアやマレーシアの焼きそばですね。

スイーツとフルーツも。

バンコクエアウェイズ 機内食

実はサムイ島=バンコク間のフライト時間はジェット機で約1時間なのですが、プロペラ機の場合はやや遅く1時間30分かかります。ジェット機だと食事を終えるとすぐに到着なので慌ただしいのですが、プロペラ機だとフライト時間が30分伸びるので食後もゆっくりリラックスが可能。雰囲気もあるし、意外とプロペラ機はお勧めかも。

バンコクエアウェイズ CAさん

【取材協力】
タイ国政府観光庁、株式会社エス・ティー・ワールド 、バンコクエアウェイズ

新着記事

インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「いつか暗くなるときに」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映