THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

サムイ島・チャウエン湖の向こう側に行ってみたらバー街だった

2017年6月26日 配信

島全体をヤシの木で覆われているため「ココナッツアイランド」とも呼ばれる、山も海も楽しめる世界的リゾート地・サムイ島にやってきました。充実した昼間のアクティビティが楽しめるサムイ島で、さらにナイトライフも楽しめそうな場所を発見です。

島で最も多くの観光客が訪れるチャウエンビーチ通りには、観光客が楽しめるように大きな店から小さな店まで、沢山のパブやバーが立ち並んでいるのですが、チャウエンビーチから少し離れた場所に、多くのバーが立ち並ぶ場所を見つけました。

チャウエンビーチ通りにはパブやバーが立ち並ぶ

チャウエンビーチ通りにはパブやバーが立ち並ぶ

 

チャウエン湖の向こう側には何がある?

チャウエンビーチ通りからも近い、チャウエン湖。

いつもレンタルしたオートバイで、湖の横を通るたびに、向こう側には何があるんだろうと思っていたんです。(ここで言う向こう側とは、海側から見て陸が凸んだ場所のこと)

サムイ島・チャウエン湖の向こう側に行ってみたらバーが並んでいた

レゲエパブや

ゴーカート場があるのは見えるのですが、その他には何があるのだろと・・・。

そこで川向うに行ってみると、通りには沢山のバーが並んでいました。この通りは前述のレゲエパブがあることから、ソイ・レゲエ(レゲエ通り)と呼ばれているようです。

これらは女性が接客するバービアと呼ばれるお店ですね。まだ営業前なので、店員さんたちがお店の中でくつろいで、御飯を食べている姿があちこちで見られました。

他にもこの通りにはムエタイスタジアムが。

人でごった返すチャウエンビーチ通りに飽きたら、ムエタイを見てレゲエバーやバービアで一杯なんていう夜も楽しそうですね。

 

【取材協力】
タイ国政府観光庁、株式会社エス・ティー・ワールド 、バンコクエアウェイズ

新着記事

中川大志の登壇決定!「日本映画祭2018inタイ」が2月2日開幕
インク=ワラントーン パオニン(Ink-Waruntorn Paonil)4
タイで見つけた韓国版かっぱえっびせん風スナック、本家とのソックリ具合はHANAMIの比じゃなかった!
福岡にタイ総領事館の新設決定、2018年10月にも
タイで「スマートビザ」が2018年2月1日より開始、高技能の外国人専門家を迎える
「アマラ バンコク ホテル」が春節の特別割引を実施