タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイ版ご飯のお供!?「パラーサップ」でモチ米が止まらない

2017年1月31日 配信
タイ版ご飯のお供!?「パラーサップ」でモチ米が止まらない

パラーサップ(またはプララーサップ)

ふりかけに明太子に海苔の佃煮・・・日本には白いごはんがドンドン進む”ご飯のお供”が沢山ありように、タイにもモチ米がモリモリ食べられる”ご飯のお供”があるんです。それがイサーン(タイ東北)料理のパラーサップ(ปลาร้าสับ)です。



イサーン料理といえば、真っ先に思いつくのは、ソムタム、ガイヤーン、ラープ、ナムトックなどでしょうか・・・。いずれもメインになり得るようなメジャーなメニューですが、パラーサップはあくまで脇役。付け合せの野菜と一緒に食べたり、モチ米つけたり食べたりとイサーンの食卓には欠かせないパラーサップです。

タイ版ご飯のお供!?「パラーサップ」でモチ米が止まらない

パラーサップは、パラー(発酵した魚)、ニンニク、ネギ、トウガラシなどを細かく刻んでよく混ぜて作ります。パラーの強烈な臭いが苦手な人もいますが、慣れるとその強烈な臭いが食欲をそそる様になるのです。

タイ版ご飯のお供!?「パラーサップ」でモチ米が止まらない

屋台や市場でも簡単に手に入るパラーサップ。ぜひ、お試しを。これでモチ米を食べだしたら、もう止まりませんよ!

新着記事

MBKセンター4階の「カフェカルディ」でちょっと一息
ぐるなび、タイで「東北ジャパニーズレストランウィーク」開催
シラチャですか?シーラチャですか?それともシラチャーですか?
片岡安祐美、ワッキー、庄司智春も参加決定!プーケットを巡るマラソン大会 「Phukethon2017」開催
エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ