タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

「8番らーめん」のタイ進出は1992年シーロムコンプレックスから

2016年11月25日 配信

「8番らーめん」のタイ進出は1992年シーロムコンプレックスから

タイでもっとも有名な日本のラーメン屋さん「8番らーめん」に行ってきました。

「8番らーめん」は、もともと1967年に日本の国道8号線沿いにオープンしたのが始まりで、現在フランチャイズチェーンで123店舗展開中。タイでは1992年4月にシーロム通りにあるシーロムコンプレックス店がオープンしたのを皮切りに、MBK1号店、セントラル・ピンクラオ店、カオサン通り近くのバンランプー店と続き、2013年には100店舗を達成したそうです。そして2016年11月2日現在は、北はチェンライから南はハジャイまで全114店舗展開中です!

なお、2006年からは200店舗分の食材供給ができるセントラルキッチンが稼働しているとのことで、まだまだ店舗が増えていきそうです。

「麺とスープの味をいちばん楽しめるのが8ちゃん麺です。」というので63バーツの「8ちゃん麺」を注文。

「8ちゃん麺」 「8ちゃん麺」

最近バンコクでは、低価格で日本のラーメンが食べられるお店が増えてきていますが、そもそも安く日本のラーメンを提供してきたのがこの「8番らーめん」。どのお店も目指せ追い越せ「8番らーめん」で、安くて美味しいラーメンを食べさせてください。

 

8番らーめん

[ウェブ]
http://www.thaihachiban.com/

新着記事

キッドキャット BNK48(Kidcat BNK48)
インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映