タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

サムイ空港はトロピカル感満載のブティックエアポート

2016年11月21日 配信

バンコクエアウェイズ

タイ湾に浮かぶサムイ島。島全体がヤシの木に覆われたサムイ島は”ココナッツアイランド”とも呼ばれる、タイ有数のビーチリゾートです。

バンコクエアウェイズPG805便は、朝9時40分にバンコク・スワンナプーム空港を出発です。機材はレインボーにペイントされたエアバス319型機。搭乗ゲートからバスに乗って飛行機のある場所まで移動するので、しっかりと機体のペイントが目に入り、出発前からリゾート気分です。

バンコクエアウェイズのエアバス319

 

バンコクエアウェイズのCAさんたち

この日の客室乗務員(CA)さんは全部で4名。その内3名のCAさんに写真を撮影させていただきました。”アジアのブティックエアライン”を掲げるバンコクエアウェイズのサービスを支えるCAさんたちです。バンコクからサムイ島までのフライトはわずか1時間ほどですが、「笑顔あふれるフレンドリーなおもてなし」で快適なフライトとなりました。

バンコクエアウェイズのCAさんたち

 

お楽しみの機内食は?

バンコクからサムイ島まではわずか1時間ほどですが、バンコクエアウェイズでは「バンコクエアウェイズにご搭乗のお客さまが目的地まで空腹になることはありません。」と言うように、しっかりと機内食が提供されます。

安定飛行になりシートベルト着用のサインが消えると、すぐに食事の時間。この日のメニューはなんと日本人にも人気のタイ料理「カオマンガイ」でした。

バンコクエアウェイズの機内食

バンコクエアウェイズは出発前に全ての乗客がラウンジを利用できて軽食が食べられるのですが(参照 バンコクエアウェイズでサムイ島へ!なんと全乗客がラウンジ利用無料!)、機内食のためにほどほどにしておきましょう(笑)

バンコクエアウェイズの機内食

 

ブティックエアポート、サムイ島空港に到着

食事のあとはジュースとお茶、コーヒーのサービス(アルコールはありません)。お腹いっぱいになり一息つくと、間もなくサムイ島空港に到着とのこと。あっという間です。

サムイ島到着が待ち遠しい

サムイ空港はバンコクエアウェイズが所有し運営する”ブティックエアポート”。「サムイ空港は、オープンエアのかやぶきのターミナルビルで、サムイ島のトロピカルガーデンとココナツの木立に溶け込んでいます。」とのこと。出発前からレインボーな機体でリゾート気分ですが、サムイ空港に到着するとリゾート気分はますます増幅。

サムイ島空港に到着

搭乗機からターミナルバスに向かうバスもオープンエアのバスです。

サムイ島空港に到着

こちらがかやぶき屋根のターミナルビル。こんなトロピカルな空港ははじめてです!

サムイ空港ターミナルビル

待っているだけで、気分が高まるバッゲージクレーム。いつまででも待っていられそう(笑)

サムイ空港バッゲージクレーム

荷物を受け取ったら、さっそくホテルへ向かいます!(サムイ空港からのタクシーは高額!ホテル送迎やミニバスを上手に利用しようへ続く)

【取材協力】
タイ国政府観光庁、株式会社エス・ティー・ワールド 、バンコクエアウェイズ

 

▼関連記事
バンコクエアウェイズでサムイ島へ!なんと全乗客がラウンジ利用無料!
サムイ空港からのタクシーは高額!ホテル送迎やミニバスを上手に利用しよう

新着記事

西田麻衣 タイ・プーケットで撮影のDVD「弾けるMaiBody」発売
Chu☆Oh!Dolly タイ・バンコクでのワンマンライブが決定
チャーンチュイ(ChangChui):飛行機の最新ナイトマーケットはアーティスト天国だった
サムイ島でのバカンスは早起きしてブレックファスト派?ゆっくり目覚めてブランチ派?
「第2回 シラチャ・フェスティバル」がJパーク日本村で2017年6月25日開催
現役ベテラン選手の活躍と、オヤジ草サッカー選手の抵抗

バンコクおすすめホテル

グランド センター ポイント ホテル ターミナル 21

ratingスクンビット通り

最安値 12,325 円

他のバンコクのホテルを探す

パタヤおすすめホテル

ハード ロック ホテル パタヤ

ratingパタヤビーチロード

最安値 9,771 円

他のパタヤのホテルを探す

プーケットおすすめホテル

ダイアモンド クリフ リゾート & スパ

ratingパトンビーチ

最安値 10,501 円

他のプーケットのホテルを探す