タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

3時のおやつにタイの昆虫スナック「HISO」

2016年11月11日 配信

3時のおやつに昆虫スナック「HISO」

バンコクはもちろんタイ各地では、路上の屋台や市場で、食用の昆虫が普通に売られています。かつてイサーンと呼ばれる東北地方はたいへん貧しく、昆虫がタンパク源として食べられるようになったといいます。ただ、今昆虫を食べている人の多くは、単に「美味しいから食べている」のではないでしょうか(笑)日本人でも一度恐る恐る昆虫を食べてみたら、その美味しさにハマってしまったという人もいるはず。

以前より一部でスナック菓子のように袋入りの昆虫が売られていましたが、最近あちこちで見かけるようになって、コンビニエンスストアでも取り扱うところが増えてきました。「ハイソ-(HISO ไฮโซ)」というブランドの昆虫スナックは、バスのラッピング広告で大々的に宣伝をしたり、イベントを行ったり絶賛売り出し中。なんとヨーロッパにも輸出して販売をしているそうです。

「ハイソ-」の昆虫は、「メンサディン(แมงสะดิ้ง)」という小さなコオロギと「ダックデー(ดักแด้)」というサナギの二種類。味付けはオリジナル(醤油味)とチーズ味とバーベキュー味と海苔味があるようです。

なお街で売られている昆虫は多くが油で揚げられていますが、「ハイソ-」はなんとノンフライ。油を使わないのでとってもヘルシーです。

3時のおやつに昆虫スナック「HISO」

こちらは8g入りで15バーツのコオロギ。大きさは体長1センチくらいの小さなもので、サクサクとした食感で醤油味が効いてとても美味しいです。これならお子さんの3時のおやつにだっていけそうです。

3時のおやつに昆虫スナック「HISO」

Hiso Snack
https://www.facebook.com/Hiso-Snack-656010624577673/

[関連記事]
コオロギにカイコ・・・虫の袋菓子をプーケットで発見

新着記事

タイ映画「見えざる者」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
The Master
タイ映画「噂の男」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
ショッピングアプリ「Shopee」がタイでもローンチ、ブランドアンバサダーはナデート&ヤーヤー
キッドキャット BNK48(Kidcat BNK48)
インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売