タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

ものもらいでタイの薬局へ!「Terramycin」と「NEROXIN」を購入

2016年10月23日 配信

ん?なんとなく左目に違和感が・・・、下まぶたのゴロゴロとしたこの感じは・・・。ということで、多くの人が悩まされたことがあると思いますが、「ものもらい」になってしまいました。「ものもらい」とは、まぶたにある腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことで、免疫力が落ちた時に出来たりするそうです。

違和感を感じてから1日。鏡を見てみると、下まぶたがちょっと腫れています。症状がまだ軽そうなことと、痛みというほどの痛みもないので、病院には行かずに薬局で薬を買って様子を見ることにしました。

「ものもらい」はタイ語で「ตากุ้งยิง(ター・クンイン)」といいます。

近所の薬局で「ものもらい」であることを伝えると以下の2つの薬を薦められました。

 

 「Terramycin」 3.5グラム (55バーツ)

Terramycin

「Terramycin」は、眼感染症のための抗生物質軟膏です。これを目をよく洗ってから患部に塗り込むようにとのこと。外出する場合はホコリ避けで眼帯をするように言われました。価格は一つ3.5グラムで55バーツ。

 

「NEROXIN」10錠(50バーツ)

NEROXIN

軟膏だけでなく、飲み薬でも一緒に治療した方が良いとのことで、経口抗菌剤「NEROXIN」10錠(50バーツ)も購入。これは1日2錠なので5日分。「ものもらいが治っても、最後まで飲みきってくださいね」とのことでした。

[関連記事]
【医薬品】タイで「イボコロリ」の代用に「Collomak」
解熱鎮痛剤タイレノール(TYLENOL)。タイ滞在中に発熱、頭痛、歯痛などで困った時に

新着記事

キッドキャット BNK48(Kidcat BNK48)
インラック前首相に対する最高裁の判決で8月25日は治安に注意 
合同酒精「とってもやみつきパクチーのお酒 パクチーホリックハイボール」発売
タイ映画「マリー・イズ・ハッピー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「ガス・ステーション」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映
タイ映画「明日への戴冠」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映