THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

Zenfone Maxはとにかく電池持ちが良いお薦めスマートフォン

2016年7月26日 配信

Zenfone Max

これまでタイで使っていたスマートフォンが、トラブルにより画面が破損。修理して使うことも考えましたが、既に3年近く使っていたことと、2つの不満があったため、新たに購入することにしました。

これまでの2つの不満とは4G対応でないことと、バッテリーの持ちが悪いこと。4Gは最近の機種であれば対応していないほうが珍しいので気にしないとして、やはりバッテリーが長持ちするものが欲しい。これまでは外出したら帰るまでにバッテリー切れになってしまうことも度々。簡易充電器を持ち歩いたり、出来るだけスマホを利用しないようにしたり、いちいちバッテリーの残りを気にするのが非常に面倒でした。

そこで以前から気になっていたのがASUSのZenfone Max。バッテリー容量が5000mAhもあり(ピンとこないでしょうが・・・)、長時間使えるとのことで、次にタイで購入するのはZenfone Maxと決めていたのです。しかも画面サイズが5.5インチの大画面で、もちろん4G対応です。

お店を何件か見て回りましたが、価格はどこも一緒で6,490バーツ(約19,300円)。今回購入したお店は32GのSDカードとZenflash(カメラのフラッシュ)がおまけについてきました。

Zenfone Max

あちこちにZenfone Maxのレビューが出ているので、ここでは省きますが、とにかくバッテリーが長持ちです!ぜんぜん減りません! 数時間の外出で結構な頻度で使っても、帰り時間の残りのバッテリーは80%。これまで使っていたスマホなら間違いなく50%を切り、「あー、やばいやばい」と思いながら遂にはバッテリー切れ・・・となるところなのですが、Zenfone Maxはまだまだまだまだ使えます。

特に高性能ということではないですし容量も少ないのですが、外に出てネットやSNSをガシガシ利用したいという人にはお薦めです。

ちなみにタイで購入するZenfone Maxは、日本で購入するよりも安いようです。ただし、「技適マーク」がないため、表向きは日本での使用は出来ないことになっているのでご注意を。また、専用ケースはタイよりも日本で買うほうが安いようですよ。

[関連記事]
ZenFone Maxで「ポケモンGO」を遊ぶ裏ワザ

新着記事

中川大志の登壇決定!「日本映画祭2018inタイ」が2月2日開幕
インク=ワラントーン パオニン(Ink-Waruntorn Paonil)4
タイで見つけた韓国版かっぱえっびせん風スナック、本家とのソックリ具合はHANAMIの比じゃなかった!
福岡にタイ総領事館の新設決定、2018年10月にも
タイで「スマートビザ」が2018年2月1日より開始、高技能の外国人専門家を迎える
「アマラ バンコク ホテル」が春節の特別割引を実施